月の日記 「月うさぎ」

のんびり、まったり田舎暮らし

§ 「花鳥風月 2016 ~艶なる満月の宴~」

DSC_0010.jpg

今年もやってまいりましたー
年に一度のお月様のお祭り 「花鳥風月 2016 ~艶なる満月の宴~」 開催です

今年は、なんと、一年で一番、お月様が美しい日、中秋の満月の日の開催となりました

日時 9月17日(土) 昼12::00頃~気が済むまで

参加費は、ハートマネーでお願いします。

DSC_0027.jpg

楽しいお店・美味しいお店のマーケット、もちろん、ライブもあります

今年は特別ライブもありま〜す☆
18:00〜19:30はゲストのお二人によるライブです☆(投げ銭)

『 ピアノと遊ぶ・光の舞 ~今井てつ&AMI~ 』
   
   静かに紡ぎだされる音の波・・・風の色・・・流れる時間・・・
   音のしずくに光が舞いおどる


★今井てつ/ピアノ&シンセサイザー即興演奏家
           
 福岡県朝倉市秋月在住。11年間のサラリーマン生活や自然農を志してのいなか暮らしの体験を経て、40才の時、突然ピアニスト宣言。以後、小スペースから寺社、ホールまで様々な場所で即興演奏活動を続けている。
 「ピアノとあそぶ、音のまにまに...」をキャッチフレーズに、静かに紡ぎ出される音は、その時その場だけのもの。
 そこに吹く風の色やそこに流れる時間、目に見えるものや見えない何か...
 それらが、そこに集う人たちと交わり合い、柔らかな音となって流れ始める。
 そのメロディーは光や水、森や風など様々な自然を浮かび上がらせる                        

★Ami/光の舞
           
 森羅万象に身をまかせ、流れるような生き方そのものを舞いおどる インド舞踊カタックとイスラム神秘主義スーフィが融合した「スーフィカタック」をインド・デリー在住マンジャリ、チャットルベティに師事。愛と光 神秘の舞を学ぶ。
 神社・仏閣での奉納や、様々なミュージシャンとのコンサート活動
 日本各地で光があふれることを祈り 光の舞のワークショップを開催
 和歌山の熊野 那智で海と山の自然と共に暮らす

出店者・出演者 まだまだ募集中です!

DSC_0038.jpg

日が暮れると、恒例のキャンプファイヤーもあります

のんびりまったり、ゆるゆるの月うさぎ祭り、満月を愛でながら、自然に感謝し、みんなで楽しい時間を過ごしましょう~

連休の土曜日なので、寝袋もって、三日月ログ・テント泊OK

よかったら、FBのイベント 「月うさぎ 花鳥風月2016」もご覧くださーい



スポンサーサイト
2016/08/30/Tue 14:37:16  楽しいイベント/CM:0/TB:0/

§ みーちゃんが仔猫出産!

P8112575.jpg

我が家のアイドル、三日月のみーちゃんが、まだ、1歳を迎える前に無事に仔猫を出産しました

若様が逝ってしまった2日後に、悲しんでいる暇もないぐらい、新しい家族が増えました

これは、きっと、若ちゃんがママを悲しませないように、子猫ちゃんを呼んでくれたのだと思います。親孝行な猫たちに恵まれ、ほんとに幸せ者です

P8112570.jpg

4匹生まれたのですが、難産だったため、最後の1匹は生まれた時には心臓が動いておらず、亡くなってしまいました。

P8202657.jpg

あとの3匹は、今のところ元気に育っています

みーちゃんは、来た時から怖がりで、家に来て3日間、押し入れに引きこもって出てこなかったのですが、その押し入れで出産いたしました

押し入れの上の段だったため、子猫が2回ほど下に落ちたため、月うさぎの歴代、猫たちが子育てした手作り木の箱にお引越し

P8202667_201608241322203c9.jpg

若いママのみーちゃんも、一生懸命、子育てを頑張っています

でも、神経質なみーちゃんは、この前、お客さんに仔猫を見せたところ、ちょっとパニックになり、私が目を離したすきに、仔猫をくわえて外の屋根から天井裏に入り、仔猫たちを隠してしまいました

それから、大騒ぎ、仕方なく、天井板を切断し、無事に救出しましたが、暫くは仔猫を守るために、ピリピリ落ち着きませんでした

P8202651.jpg

おっぱいを、たくさん飲んで、日に日に大きくなる仔猫たちを見ていると飽きることがありません

いつも思うのですが、このまま大きくならなければなぁ~と

P8242730.jpg

10日ほどして、やっと、可愛いおめめが開きました 仔猫のブルーアイ、たまりません

P8242795.jpg

まだ、ぐらぐら、よちよち歩きの仔猫たち、もう少し大きくなったら会いに来て下さいね~



2016/08/24/Wed 14:04:39  家の住人/CM:0/TB:0/

§ ボス猫 「若様」 逝く

s-DSC_5661_20160810102451b11.jpg

月うさぎのボス猫 「若様」が旅立っていきました。この前、7歳になったばかりでした

6月に入ってから、どうも尿路結石になったみたいで、動物病院に連れて行こうとしても、あの巨体で拒み、仕方なくお薬だけもらい、飲ませたら少し良くなり安心していましたが、1週間前から薬も飲まなくなり、病状が急変してしまいました。

s-DSC_5663_20160810102453e01.jpg

小さいころは、真っ白で可愛いかったのですが、大きくなるにつれ、気が強くなり、去勢してもマーキングし続け、縄張り意識が高く、他のオス達をいじめ続け天下を取っておりました

その若様が、いよいよ体が辛くなり、帰ってこなくなったのです。

でも、4日前にふらふらした姿を現し、水を飲み、家の中で寝ているように言っても出て行ってしまいました。後で考えると、お別れを言いに来たのかもしれません。

P8092558.jpg

その後、家の周りを探し続け、名前を呼んでも出てこず、心配していたら、昨日の朝、番犬 「つらら」が家の前の土手の草むらに倒れている若様を見つけました。

よく、亡くなる前に姿を消すという話を聞きますが、若は、きっと、他の猫たちに、自分の弱った姿を見られたくなかったのでしょう。

s-DSC_6279_20160810102456413.jpg

みんなとお別れをし、最期、埋葬するとき、若様の大好きな母、「風香」が、ふらっとやって来て、鼻キッスをしたのです。

やはり、猫の間でも、感じることがあるのではないか、そんな瞬間でした。

s-DSC_6961_2016081010245499e.jpg

猫それぞれ、みんな性格が違い、個性があります。

ボス猫中のボス猫、若様、自分の意思を貫き通した猫生、短かったけど、潔く男らしい最期を決断した、強い強い猫でした。

強かったね。
頑張ったね。
ありがとう。若ちゃん。

天国で、他の猫たちと仲良く遊んで、ママが行くのを待っていてね。。。




2016/08/10/Wed 11:31:29  家の住人/CM:2/TB:0/

§ 立秋を過ぎて

P8092539.jpg

猛烈な暑さが続いておりますが、山の上の月うさぎでは、秋の気配を感じております

まだ、お盆を迎えていないのですが、立秋を過ぎると、この暑さなのに自然たちは何故わかるのか、秋の季節へと移り変わってきています

P8092551.jpg

夏の終わりを告げるツクツクボウシが鳴きはじめ、赤とんぼが飛び、夜には秋の虫たちが鳴き始めました

そして、栗の木には小さなイガグリがなり、ミズヒキソウや秋の草花たちも、花をつけ始めています

P8042533.jpg

猫たちも、昼間は涼しいところでゴロゴロしていますが、夕方になると庭で夕涼み

P7302527.jpg

秋の気配を感じている猫

P7032445.jpg

夏が終わると、また、寒くて長い冬がやって来る~~

東吉野の短い夏に、思いを馳せる月うさぎなのであります。。。



2016/08/09/Tue 16:25:05  東吉野村の自然/CM:0/TB:0/

§ お昼寝デッキ登場!

P7302522.jpg

念願のお外で寝れる、お昼寝デッキが出来ましたー

月うさぎは、標高650mもあるので、家の中でもお昼寝しても涼しいのですが、やはり外の木陰は最高ということで、一番涼しい場所にデッキを作ってもらいました

P7302508.jpg

大きな銀杏の木の下で、お昼寝です

360度緑に囲まれた木陰の下には、山からの涼しい心地よい風が吹いてきます

P7302518.jpg

もちろん、無垢のヒノキから、木の良い香りが、自然のアロマです

美しい木漏れ日に包まれ、鳥の声、セミの鳴き声、風の音、五感が癒され、何時間でもお昼寝できてしまいます

P7302516.jpg

冷たいものを飲みながら、読書なんていうのも最高に贅沢な時間です

P7302506.jpg

寝転がって見上げると、そよぐ緑の葉と青い空が広がっています。良い夢見れそう。。。

P7302498.jpg

幸せなお昼寝をしてみたい方、ぜひ、一度お試しあれ~

今なら、看板犬 「つばき」が一緒に添い寝してくれますよ~



2016/07/30/Sat 15:43:59  最新ニュース/CM:0/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 月の日記 「月うさぎ」. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房