fc2ブログ
雪の月うさぎ
2014-12-05 Fri 12:56
DSC_8850.jpg

冬将軍が到来してきましたね。
月うさぎは、2日に初雪、3日の朝起きると真っ白、初積雪でした

昨年も同じ頃、降ったなと思いましたが、うさこの気象記録によりますと、11月の19日に初雪、初積雪となっていました

まぁ、この冬も大雪になるのだろうな~
(今年はカメムシが大発生、カメムシが大発生の年は寒くなるという田舎での常識なのです

PC050224.jpg

大きくなった満月くん、ゴージャスな毛並みになり、暖かそうですが、満月は初めての冬なので、さっそく、風邪を引いてしまい、くしゃみの連続、鼻水垂れています

PC050226.jpg

冬のいいところ、雪景色が美しい

辛いところ、朝起きれない、外に出るのが億劫、洗濯物が乾かない、誰も遊びに来れない、買い物に行くのに命懸け・・・

ということで、雪の季節到来で、月うさぎは冬眠させて頂きます。
来年の春まで、しばらくは、ブログでお付き合い願います


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
あっという間に紅葉が・・・
2014-11-14 Fri 21:33
PB140187.jpg

11月になったと思っていたら、バタバタしている間に紅葉が進み、モミジが真っ赤になっていました

DSC_8827.jpg

庭の大きな銀杏の木も黄葉してきました。
が、昨日今日の木枯らし、いや、強風により、まだ全体が黄色くなってないのに、葉が落ちてしまいました

PB140195.jpg

毎年、イチョウの葉がまっ黄色に染まって美しい姿を見せてから、ハラハラと葉を散らせていくのですが、今年は強風で黄色くなった葉が、もう散ってしまい、かなりショックを受けています

PB140192.jpg

そして、かなり厳しい冷え込み、外でゆっくり、紅葉を眺められません

DSC_8829.jpg

でも、これからが、美しい美しい紅葉の季節、とても楽しみです


 「 目になれし山にはあれど 秋来れば 神や住まむとかしこみて見る

                                     石川啄木  」


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
深まる秋
2014-10-29 Wed 17:45
DSC_8825.jpg

すっかり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね

月うさぎも、冬支度にストーブや炬燵を出してきたりと忙しくしております

DSC_8824.jpg

今年は、イチョウの木に銀杏が、たくさんなって、ぽつりぽつりと落ち始めてきています。
良い臭いを放つので、毎日、拾って集めるのは番頭さんの仕事

銀杏が好物の方、どうぞ、拾いに来て下さい

DSC_8819.jpg

モミジの葉も、枝の先のほうが赤くなってきました。
今年は、昼間は暖かく、朝晩は冷え込むので、美しい紅葉が期待できそうですね

DSC_8788.jpg

この季節は、犬の散歩のときに、木の葉が色を付け、少しずつ変わっていく姿を、眺めるのが楽しみな秋の日々です



別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
長月
2014-09-01 Mon 14:11
P9010088.jpg

あっという間に、9月になってしまいましたね。
先週あたりから、空気が入れ替わり、からっとした秋の気候になりました

月うさぎでは、朝晩の気温が、ぐっと下がり、もう、八重桜の先の葉が黄色くなっています

P9010092.jpg

庭には、秋の草花、ミズヒキ草、金ミズヒキ、タデなどが、可愛らしい花を咲かせています

今年の夏は、本当に雨が多く、各地で大きな被害も出てしまいました。
前線が停滞し、梅雨のような不安定なお天気が続き、夏を感じる前に終わってしまったような・・・

P9010091.jpg

イガグリも、こんなに大きくなってきました。着実に秋の気配が

月うさぎ夏祭りで、完全燃焼し、夏の思い出も出来たのですが、何かやり残したような・・・

P8300083.jpg

東吉野の夏と言えば、鮎だ 
バタバタしていて、この夏、まだ、食していなかった(と言っても、もう終わりかけの時期ですが)

久しぶりに、頑張って、朴の葉ずしも作り、囲炉裏で鮎の塩焼きパーティしましたちょっと、満足

P9010096.jpg

日も、どんどん短くなり、心から過ぎ行く夏を惜しんでいる月うさぎの住人たち

秋の行楽シーズンは、良いお天気が続きますようにと願わずにはいられない今日この頃です


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
奈良の避暑地
2014-07-25 Fri 14:16
P7250032.jpg

暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けて、かなり厳しい暑さ、猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか

宇陀のあたりでも標高が300m程あり、そこからさらに、月うさぎは山を登り、標高650mの山の上、都会よりは4~5度は気温が低く、涼しいです

P7250008.jpg

都会の犬たちには申し訳ありませんが、家の犬たちは、木陰の涼しい避暑地に引っ越しました

夏バテ知らずの元気そのもの 「めっちゃ、快適だワーン

P7250012.jpg

もちろん、家にはクーラーはありません。
でも、山から、ひんやりしたクーラーの風が家の中を通り抜けていきます

P7220005.jpg

月うさぎの夏の風物詩、「縁側で涼む猫たち」

家の中で、一番涼しい場所、さすが猫たちは、よく知っています。
ここで、お昼寝すると最高です(寝すぎてしまうけど・・・)

P7250018.jpg

夕方になると、ヒグラシが鳴き始め、気温も下がり、夜もぐっすり眠れます

奈良の避暑地、ここで快適な夏を過ごせるだけで幸せです。厳しい冬の寒さも我慢できるというものです

P7250024.jpg

満月 「みなさーん、暑さに耐えられなくなったら、ぜひ、奈良の避暑地に来て下さいニャ~


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 月の日記 「月うさぎ」 | NEXT