のんびり、まったり田舎暮らし
完成「薬膳 鹿カレー」
2009-02-28 Sat 13:30
20090228133046


終に、月うさぎ特製 「薬膳 鹿カレー」が、完成しました

最近、歳のせいか、市販のルーのカレーを食べると、
胃がもたれていたのですが、これは、㈱ピュアフーズの久保さん、
曰く、市販のルーには、小麦粉が、入っているので、カロリーも高く、
胃に負担が、掛かるのだそうです

このハラ-ルシンガポールカレーは、日本人向けに、
スパイスが、調合されていて、ターメリック・コリアンダー・クミン
唐辛子・フェンネル・クローブ・カルダモン・シナモン・ナツメグなどの
スパイスには、血行促進、疲労回復、消化促進、脂肪分解などの
漢方作用があり、身体に良い薬膳料理です

そのカレーに、低カロリーで、たんぱく質・鉄分が豊富な鹿肉、
地元の旬で、新鮮な野菜が、入って、完璧な健康食に出来上がりました

ヘルシーで、美味しい、身体に良い、「鹿カレー」
一度、ご賞味下さい。かなりスパイシーなので、クセになる味です

無農薬の野菜サラダ、自家焙煎の美味しい珈琲、または紅茶付き
「薬膳 鹿カレーセット」 1000円です。
数に限りがありますので、ご予約お願いします。

3月より、メニューに加わります。
よろしくお願いします






 
別窓 | 美味しい食事 | コメント:0 | トラックバック:0
春の声
2009-02-27 Fri 09:33
20090227093324


枝垂れ梅のつぼみが、膨らんできました

この冬、小栗栖から、谷尻に植え替えたので、
大丈夫かと心配しておりましたが、蕾を付けてくれました。
うぐいすの鳴き声も、聞こえてきました

朝晩の冷え込みも、だいぶ無くなり、
一雨ごとに、春が近ずいています。
春よ、早く来ーい


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0
ぱーぷる3月号
2009-02-24 Tue 17:09
20090224170940


奈良の情報雑誌「ぱーぷる」から、「月うさぎ」が、
掲載された3月号が、送られてきました

「ぱーぷる」様、ありがとうございました。
東吉野村には、本屋さん、コンビ二が無いので、
本当に助かりました。(私は、本屋、図書館が大好きなので、とても辛い・・・)

「こんな素敵に生まれ変わった 進化系 グルメスポット」という
特集に載せて頂きました。近くのパン屋さん「ANANDA」さんも、しっかり載っていましたよ

奈良の情報が満載で、とても読みごたえが、あります。
私好みの素敵なお店が、たくさん載っていて、是非行ってみたいです。
奈良の魅力を、もっと多くの人に、知ってもらえれば、
きっと、奈良に足を運んでもらえると思います

これからも、頑張って、奈良のPRに励んでいきたいと思っております





別窓 | ぎゃらりーカフェ | コメント:0 | トラックバック:0
鹿肉の栄養
2009-02-23 Mon 09:18
20090223091839


奈良といえば、鹿です

日本国中、山が、鹿の被害で荒れているそうです。
環境の変化で、鹿が増えすぎたり、山に食べ物が無くなり、
人里に降りてきて畑を荒らしたり、木の新芽を食べるので、
木が枯れていき、奈良の大台ケ原など大変な事になっています

でも、鹿を捕獲しても、猪みたいに高く売れないし、
食べるところも少ないので、捕まえても逃がしてしまうそうです。
まあ、これも、全て人間のせいで、こんな事態になっているのです。
鹿にとっては、迷惑な話で、可愛そうなのは鹿なのです。
この鹿を食べるのは、可愛そうですが、感謝しながら頂きます

ヨーロッパでは、鹿、猪、うさぎ、羊などジビエ料理として食されています。
鹿は、脂肪分、コレステロールが少なく、牛・豚・鶏肉よりもたんぱく質が多く、
カロリーも低く、鉄分が豊富なので、女性にとっては理想的な健康食品です

でも、都会では、鹿肉などスーパーには売っていないですし、
食べた事のある人は少ないと思います。私も東吉野に来て初めて食べました。
新鮮な鹿肉は、クセも無く、柔らかく、タンパクで、とても美味です。
これから、「月うさぎ」では、鹿肉を、もっと多くの方に食べて頂けるように
いろいろ考えております。お楽しみに



別窓 | 美味しい食事 | コメント:0 | トラックバック:0
夫婦愛
2009-02-19 Thu 10:45
20090219104529


「ももたろう」と「月」は、最近、ラブラブになってから、
自然と2人で、寄り添っております

なんとも、良い雰囲気です。
一番年下の「菊千代」は、「ももたろう」が、大好きで、
いつも一緒に寝ているのですが、最近、不満気です

猫の関係は、不思議です。
親兄弟でもない、間柄なのに、一緒に生活していると、
お互い身体を舐め合い、そんなにくっ付かなくてもいいんじゃないと、
思うぐらい、団子になって寝ています。(ちょっと羨ましい・・・)

それぞれ、性格も違います。
そんな、猫達の行動を見ているだけで、ほっとします。
番頭と、いつも拳嘩するのですが、その後、猫に愚痴って慰めてもらいます

私達は、子供がいないので、犬猫達は、私にとって大事な存在です。
今年は、密かに「山の中の猫カフェ」を計画しています。
自然の中で、遊ぶ猫と触れ合える癒しの空間です。
猫好きの方、是非お越し下さーい


別窓 | 家の住人 | コメント:1 | トラックバック:0
炭のパワー
2009-02-17 Tue 14:46
20090217144641


家のあちこちに、炭を置いています。
もちろん、辰ちゃんの炭です

炭は、消臭効果、マイナスイオンを放出したりと、
とても優れものです。インテリアとしても風情があります

この前、「ももたろう」が、炭に大量のおしっこをかけましたが、
しばらくすると、水分も蒸発しており、臭いも全く消えておりました。
あらためて、炭のパワーに感動しました

その他、家では、火鉢、囲炉裏と、炭は大活躍です。
火鉢の火は、ほんのり、じわっと温かく、
囲炉裏で、お餅や、干物を焼くと、ガスコンロで焼いたのとは違い、
遠赤外線の効果か、何とも言えず美味しいのです

昔、炭は生活には無くてはならない貴重な資源だったのです。
この家の裏の山に、昔、炭窯があったそうです。
将来、辰ちゃんに教えてもらいながら、炭窯を作り
炭を焼いてみたいと計画しております。お楽しみに


別窓 | 匠の技 | コメント:0 | トラックバック:0
ハラールシンガポールカレー
2009-02-16 Mon 09:58
20090216095815


奈良食文化研究会で、知り合ったピュア・フーズ㈱の
久保さんが、輸入販売しているシンガポール・ハラールカレー粉です

ハラ-ル食品とは、アラビア語で誰もが食べる事が出来るピュアな天然食品のことで
現在、世界最大のカレーパウダーの出荷港は、シンガポールなのだそうです

奈良シルクロードは、古代ユダヤ人が、アラビア半島から、
絹、黄金、当時は貴重品だった香辛料を大和の国、奈良の正倉院まで運んできたと言われています。ということは、日本で最初にカレーを食べたのは奈良の人かもしれません

カレーは、日本でお味噌汁を毎日食べるように、
インドでは、お母さんが家族の体調を見ながら、
スパイスを調合して作る身体に良い薬膳スープなのだそうです

で、近々、「月うさぎ特製・カレー」をメニューに
加えるように、試作中です。交互期待  




別窓 | 美味しい食事 | コメント:0 | トラックバック:0
蜜蜂の箱
2009-02-15 Sun 15:59
20090215155930


昔、「天鳳」を調教して頂いてた方が、
「天鳳」と「こころ」の仔犬を1匹貰って下さいました

その時に、ミツバチの巣箱を1個持ってきて下さって、
蜂蜜の採り方など、いろいろ教えていただきました。
あと、2個ぐらいは、箱を作った方がいいとのことでした

とりあえず、1個設置し、「月のみつばち」と看板を付けました。
うまく、蜂が巣を作るかどうか、わかりませんが、
働き者の、ミツバチが、おいしい蜂蜜を作ってくれたら、嬉しいです

田舎ならではの楽しみです。
あとは、鶏を飼って、卵を食べる事と、
やぎを飼って、雑草を食べてもらい、山羊の乳でチーズを作ることです。
がんばりまーす


別窓 | 古民家カフェ | コメント:0 | トラックバック:0
杉花粉飛んでいます。
2009-02-13 Fri 13:12
20090213131253


今、杉の木が、真っ赤です

花粉が、たわわに付いております。
聞いただけでも、鼻が、むずむずしますよね。
うちの番頭も、東吉野村に引っ越してくるまで、
10何年間、花粉症に苦しんでいましたが、
ここ最近、症状が、だんだん出なくなってきました

ショック療法が、効いたのか、体質が変わってきたのか、
都会は、コンクリートだらけで、花粉が舞い散るので、
田舎は、土の地面が多いので良いとか、(でも村人でも花粉症の方はいます・・・)
とにかく、良くなったので、喜んでおります

でも、これほど花粉症の人が、増えたのも、
昔、日本国中、国の対策で、山に杉、桧を植えたのが、
原因のひとつだと、考えられます。
そして、現在、国産の木が売れず、山は荒れ放題です。
ますます、花粉症の人が増えると言われています。

真剣に考えていかなくては、いけない時期がきています。
山を見ながら、そんな事を、いつも考えてしまいます





別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0
「月の庭」作り
2009-02-12 Thu 16:50
20090212165012


最近、暖かい日は、庭作りに励んでいます

そして、また、庭にも名前を付けました。
「月の庭」です。月だらけで、すみません

目指すは、京都のお寺の庭です。
季節ごとに、花が咲く、楽しい庭になればいいなあと思っています。
良い気候になれば、オープンテラスで、ほっこりお茶などしたいですよね

まずは、桜のお花見が、楽しみです。
桜の時期は、毎日、宴会かもしれません。
春が待ち遠しいでーす。それまでに、庭の掃除、頑張ります

番頭から伝言です。
「月桜」の下にあるユニットバスを移動したいので、
まーちゃん、谷さん、千賀さん、加藤さん、手伝って下さーい。
よろしくお願いします


別窓 | ほっこり田舎暮らし | コメント:1 | トラックバック:0
命名 「月桜」
2009-02-11 Wed 08:58
20090211085801


「月うさぎ」の庭にある山桜です。
樹齢約120年の立派な古木です。(推定ですけど・・・)

この前の、満月の月明かりに、照らされている山桜を見て、
あまりにも、綺麗だったので、名前を付けてあげたいなあと思い、
命名しました。 「月桜」 です。ちょっと単純ですけど・・・

でも、素敵な名前だと思います。
昨年は、4月下旬頃が、桜の見頃でした。
山桜なので、花は小さめですが、大きな木なので、とても綺麗です

ということで、4月26日(日)に、「月桜お花見ジャズコンサート」を開催します。
お昼2時~4時  お茶・お菓子付きで、参加費2000円です。
演奏者は、とても美人のジャズピアニスト 阪田敦子さん率いるジャズオールスターズ
とても、豪華なメンバーです。今から、とても楽しみにしています

この山の中で、JAZZ なんて、ちょっとお洒落ですね。
そして、大自然の中でのコンサート、とても贅沢です。
詳しくは、これから、ホームページで、掲載します。
よろしくお願いします



別窓 | ぎゃらりーカフェ | コメント:0 | トラックバック:0
なまこ酢
2009-02-10 Tue 15:48
20090210154852


初めて、なまこを調理しました

週に1度、月曜日に、三重県の尾鷲から、
魚屋さんが、この山奥まで、魚を売りに来てくれます

その日に、捕れた新鮮な魚を売りに来てくれるので、
とても、美味しいです。特に、まぐろの量り売りは最高です

いろいろ、美味しい食べ方も教えてくれるので、助かります。
なまこも、簡単で、口と腸を取って、薄切りにし、酢に漬けるだけでした

あと、烏賊、海老など、刺身で食べれて、美味です。
この前、秋刀魚を開いて、骨が取ってあったので、
酢に漬けて、秋刀魚の姿寿司を作りました。
あまりにも、美味しかったので、夜中、猫に食べられてしまいました

こんな、山の中で、美味しい魚が食べれるなんて、
本当に、魚屋さん、いつも、ありがとうございます




別窓 | 美味しい食事 | コメント:0 | トラックバック:0
まめ太郎
2009-02-08 Sun 09:55
20090208095537


大工の眞ちゃん家に、貰われた「まめ太郎」です

「こころ」の子供、4匹のうち、唯一、
父親「天鳳」と毛の色が、一緒の男の子です

生まれた時は、顔がくっしゅとして、一番ぶさいくだったのですが、
今は、お目めが、くりっとし、とても可愛くなっていました

皆に、可愛がられ、とても幸せそうでした。
眞ちゃん家は、近くなので会いに行けます。
たまに、谷尻に連れて来て、みんなと遊ばせてくれます。
ここは、車が、あまり通らないので安心して遊ばせる事ができます

こうやって、「こころ」の家族の血が受け継がれ、
ずっと続いていけば、嬉しい限りです。

皆様、よろしくお願いします






別窓 | 家の住人 | コメント:0 | トラックバック:0
杉ん子
2009-02-07 Sat 16:41
20090207164122


杉の葉っぱを「杉ん子」と言っています。

薪ストーブや、五右衛門風呂の火を点けるときに、
無くてはならない存在です

近くの、杉林で、拾ってきます。
薪も、間伐材の木を頂いたり、材木屋さんで、端材を貰ったり、
本当に、助かります。田舎ならではの特権です

昔の人たちは、こうやって自然の恵みを頂いて、
生活していたのですね。だから、自然に感謝できるのです。
都会に住んでいると、自然のありがたさが解から無いような気がします。
田舎だと、自然を身近に感じ、感謝の気持ちが湧いてきます。

それだけでも、田舎に住んでよかったなあと
日々、感謝しながら、生活しております


別窓 | ほっこり田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
チロのおしゃれ
2009-02-06 Fri 16:08
20090206160826


久しぶりに、「チロ」のおめかしです

この前、いつもお世話になっている原田さんに、
原田さん家の「ひめ」が、もう着なくなった洋服を、
たくさん頂きました。とても、寒がりの「チロ」は大喜びです

サイズも、ぴったりで、よく似合っています。
ちょうど、毛がすごく抜け始める時期なので、
本当に、助かりました。ありがとうございました

最近は、暖かい日が、続いているので、
[チロ」も、炬燵から出て、庭で遊んでいます。

また、「ひめ」ちゃんと、一緒に遊びに来てください。
お待ちしていまーす




別窓 | 家の住人 | コメント:0 | トラックバック:0
蘇の醍醐味
2009-02-04 Wed 10:54
20090204105417


昨日、素敵なお客様が、お食事に来てくださいました。
いろいろ、お話していると、いろんなご縁がある方で、
とても、楽しい時間を過ごす事が、できました

そして、たまたま、お友達に、差し上げる為、持参していた、
「蘇」を私達に、味見させて下さいました

昔、テレビで見たことがある古代の食べ物・チーズ「蘇」です。
それを、お家で、作ってみたそうです。牛乳を、お鍋で、
コトコト、水分を蒸発させ、煮詰めていくそうです

7~8時間ほど、すると、だんだん固まってきて、それを冷やし固めたのが「蘇」です。
とても、、手間がかかる、貴重な食べ物です。
その味は、何ともいえない牛乳の自然の甘味が、凝縮され、
チーズというよりは、しっとりとした牛乳の素朴なお菓子のようです

いろいろ歴史を聞いてみると、7世紀ごろ、万葉の時代、
飛鳥が日本の首都だった頃、アジア大陸から、酪農が伝わり、
牛乳から、ヨーグルト状の「酪」 それから、「生蘇」 「熟蘇」 
そして最高の熟成品を 「醍醐」 と言うのだそうです

「蘇」は、最高級品であり、位の高い貴族たちが、栄養価が高い
サプリメントとして、食していたそうです

奈良の歴史に、感動です。
今度、一度、「蘇」作りに、チャレンジしてみたいと思います。
そして、古代の人々に想いを馳せながら食べたいなあ・・・




別窓 | 美味しい食事 | コメント:1 | トラックバック:0
節分の豆まき
2009-02-03 Tue 16:37
20090203163710


今日は、節分です

節分とは、季節の移り変わる時で、立春、立夏、立秋、立冬の
前日のことで、1年の始まりのである立春は、昔、お正月で、
前の日は、大晦日であり、前年の邪気を払うために、豆まきをしたそうです

そういうことで、節分といえば、2月の節分が、残ったようです。
東吉野村では、「めまき」と言って、節分に、いわしの頭を箸に刺し、
ひいらぎ(目つき花)を添えて、家の表裏の出入り口に刺すそうです。
近寄った鬼は、目をさされるので家の中に入る事が出来ないとの
言い伝えがあるそうです。残りの鰯は、昆布で巻き、甘辛く味付けし食べます

昔の風習、言い伝えは、おもしろいですね。
田舎に住むと、いろいろ勉強になります。
今日、「月うさぎ」では、仔犬達と一緒に、豆まきしたいと思います


別窓 | ほっこり田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
| 月の日記 「月うさぎ」 |