のんびり、まったり田舎暮らし
2010/09«│ 2010/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/11
19:36:37
s-DSC_2634.jpg

ねこちゃんが、森の中を、散歩していました

s-DSC_2640.jpg

美味しそうに、森のきのこを食べている可愛いやつを、見つけました

s-DSC_2646.jpg

ねこちゃん 「美味しそうに、食べているね。味付けは、君の体の、にんにくを使ってるの?

s-DSC_2647.jpg

「俺は、かぼちゃだー」    人形 ちえちゃん作

ハッピー ハロウィーン


スポンサーサイト

11:06:08
s-DSC_2609.jpg

庭のオオデマリの花が、一輪だけ、咲いています。
毎年、5月頃に、綺麗に咲いているのですが、何故か、この一輪だけ、ぽつりと咲いています。
何か、主張しているのか、目立ちたいのか、不思議な現象です

s-DSC_2613.jpg

春日局 「植物って、不思議。でも、しっかりと、生きているのよね

s-DSC_2610.jpg

今年は、遅霜が降りたり、夏の猛暑が続いたり、異常気象が続いています。台風も来てます。
なので、今年は、ぐみ、すもも、あけびなどの、木の実が、不作です。
毎年、悩まされる、銀杏の実も、今年は、ほとんど、出来ませんでした。
日本中で、問題になっている、熊、猪、鹿、猿たちが、町に下りてくるのは、当然なのです。
山の中に、えさとなる食べ物が、無いからです。深刻な問題です

s-DSC_2611.jpg

ちゃんと考えているのでしょうか、ももたろう店長は! 只今、放尿中です

s-DSC_2620.jpg

と、いろいろ考えながら、お天気が、悪いので、障子紙を張り替えました。
部屋の中が、少し、明るくなりました。気分転換だ~



14:50:51
s-DSC_2621.jpg

すっかり、寒くなり、3日前から、薪ストーブを焚き始めました

s-DSC_2602.jpg

さっそく、猫たちが、薪ストーブの周りに集合。
じんわりとした、暖かさが、猫たちも、大好きです。
薪の香り、ゆらゆらと燃える炎を見ているだけで、ほっこり、癒されます

s-DSC_2599.jpg

一番の寒がり猫、春日局は、薪ストーブの下で、寝ております。「極楽だぁ~

s-DSC_2601.jpg

菊千代 「もーぅ、気持ち良くて、たまりませーん

s-DSC_2603.jpg

若様 「すやすや、良い夢、見させてもらってるぜ

s-DSC_2608.jpg

なっちゃん 「もう、とろけそう~ 感無量です

と、今年も、月うさぎの冬が始まろうとしています



14:10:41
s-DSC_2563.jpg

大阪 富田林のショッピングセンター、エコール・ロゼの中にある婦人服店「ヌーベル スエヒロ」です。

s-DSC_2564.jpg

今年の春、吉野杉・桧を使い、店内を改装されました。
この前、やっと、見に連れて行ってもらいました

s-DSC_2562.jpg

木の温かみを感じる、素敵なお店です。
天然素材の木は、店内の冷暖房による急激な温度の変化や、乾燥により、反ったり、割れてきたりするので、大変な面はありますが、ぬくもりを感じ、ほっとできる優しい存在です

s-DSC_2565.jpg

AKEMI工房作の、素敵なラックも、いい感じです

s-DSC_2320.jpg

春日局 「私も、お洋服、買いに行こうかしら・・・

よかったら、お近くの方は、一度、お立ち寄り下さいませ。


<<おまけ>>

s-DSC_2569.jpg

その駐車場から、見える塔、PL教の塔だそうです。
生まれて初めて見ました。尼崎生まれの私は、南大阪は、未知の世界です。
突如、現れた塔の、大きさに、びっくり、塔の中は、エレベーターで、昇れるそうな・・・



11:45:46
s-DSC_2584.jpg

10月9日~24日まで、堺市立東文化会館文化ホールで、開催されていた、「坂本和之 作品展」に、行ってきました。
坂本画伯との出会いは、4年前、東吉野村で空き家を、探して、車で走っていた時、
たまたま、画伯の家の隣に空き家があり、尋ね、お話を聞いたとき、
初対面にも拘わらず、アトリエを拝見させて下さってからの不思議な御縁です

s-DSC_2571.jpg

坂本家は、息子さんの山村留学が、きっかけで、東吉野村に、現在、お住まいです。
豪快で、心の大きな画伯、チャーミングで素敵な奥様、理想のご夫婦です。
いつも、私達の、突然の訪問にも、かかわらず、いつも、快く迎え入れて下さいます。恐縮です

s-DSC_2572.jpg

そして、いつも、いろいろなお話をして下さり、生き方、考え方の勉強をさせて貰っています。
私は、画伯の画が好きで、いつも、行く度に、画から、画伯のパワーを頂いているのです

s-DSC_2573.jpg

そして、終に、10年間、描き続けた絵の作品展が、堺から、始まったのだそうです。
これから、ご縁のある地で(世界を視野に)、画伯の作品が、飛び立っていきます

s-DSC_2575.jpg

東吉野村のアトリエで、観るのと、また違い、広い空間での、画伯の画は、また、迫力を増していました。
巻き物の画の長さは、100メートルもあり、それが今、3本あります。
まだ、描き足りないので、また、1本、これから、描き始めるそうです。そのパワーだけでも、凄いものです。
出来れば、100メートルの画が、並べられるような、大きな美術館で、展示して、観たいです。
きっと、夢は叶うと思います

s-DSC_2316.jpg

ももたろう 「作品展、おめでとうございました。月うさぎ一同、こらからの、益々の御活躍、陰ながら応援いたしております



15:26:33
s-DSC_2560.jpg

昨日の日曜日、待ちに待った、陶芸教室が、開催されました

s-DSC_2587.jpg

お天気も、まずまずで、晴れ間も少し、出たりして、外での作業。
伊賀・信楽から、陶芸の先生が、3人も、参加して下さり、指導してくれました

s-DSC_2588.jpg

今回は、野焼きで、陶器を焼き上げるので、お皿や、湯飲みは、焼きあがっても、
水が漏れるので、置物や、箸置きなどを、主に作ることになりました。
初めのうちは、みんな、和気藹々と、楽しく、おしゃべりしながらの作業

s-DSC_2589.jpg

時間がたつと、みんな、つい夢中になり、無言で集中して、作業していました。
物つくりって、無心になり、とても、楽しい時間が過ごせます

s-DSC_2594.jpg

来年の干支は、「うさぎ」ということもあり、可愛いうさぎたちが、たくさん誕生しました。
来月の20・21日の、野焼きが、とても、楽しみです

s-DSC_2441.jpg

なっちゃん 「私も、猫のモデルで、活躍したわ

参加してくださった皆様、陶芸家の先生方、本当にありがとうございました

来月も、お待ちしていまーす



2010/10/21
18:38:59
s-DSC_2559.jpg

朝晩、ちょっと、寒くなってきたので、こたつを出しました。
フリース生地のこたつ布団は、猫たちのお陰で、2年目でぼろぼろ・・・

s-DSC_2558.jpg

早速、猫たちの憩いの場に。みんな、大きくなってきたので、こたつの中の場所の取り合い。
こたつの中から、喧嘩の声が・・・ 炬燵の中に、足が入れられない

s-DSC_2545.jpg

こちら、薪ストーブも、もうすぐ、出番です。
こたつは、いいですね。昔は、炬燵に入って、みかんが、定番でした。
今の家は、暖かいので、炬燵の姿も見なくなりました。家族団欒の習慣も、無くなった様な気がします。
便利になると、何かを、少しずつ、失ってしまうようです

s-DSC_2548.jpg

今日も、雨が降ったり、止んだり、久しぶりに、お菓子作りをしました。
チョコチップを入れて、スコーンを作りました。半分の生地には、ココアパウダーを

s-DSC_2554.jpg

白うさぎと黒うさぎの誕生です

s-DSC_2555.jpg

こたつで、ほっこり、ティータイム

今日も、猫たちと、まったり、一日が過ごせました



2010/10/19
10:45:52
s-DSC_2538.jpg

この前の日曜日、たまたま、前の道路を、走っていて、寄ってくれたお客様です

s-DSC_2537.jpg

むっちゃくちゃ、カッコイイ車です

s-DSC_2543.jpg

虫に食われた栗くん 「すっご~い

s-DSC_2539.jpg

男のロマンです。男の人は、車、バイク、自転車など、乗り物が、好きですね。
やはり、小さい頃からの、憧れだったのでしょうか

s-DSC_2541.jpg

ちょっと、女の人には、理解しがたいところが、ありますよね。
だから、購入するとき、奥様と喧嘩になったそうですよ
女の人は、美容、化粧品、身に付ける物には、お金を惜しみません。
まぁ、人それぞれ、好きなものが、あることは、幸せですよね

s-DSC_2319_20101019101511.jpg

ももたろう 「俺にも、男のロマンを、語らせて欲しいにゃー

s-DSC_2535.jpg

ということで、今日も、一日、素敵な出会いがありました。

晩御飯は、煮込みハンバーグ、サラノバサラダ、のらのライ麦くるみ・レーズンパンを食べ、
ほっこりと、幸せな一日に、感謝いたしました



11:23:10
s-DSC_2499.jpg

吉野の下市にある、月うさぎ御用達の家具屋さん、AKEMI工房です。

s-DSC_2503.jpg

明美さんと言っても、立派なおじさんです(右側の)

s-DSC_2502.jpg

今、作成中の、椅子です。
木の温もり、たっぷりの明美ちゃんの作る家具が、大好きです。
月うさぎの家具も、AKEMI工房の展示品です

s-DSC_2505.jpg

作業場、公開です。
もの凄い数の、工具が、きれいに、使いやすく収納されています

s-DSC_2504.jpg

電動のこぎり、ちょっと前、明美ちゃんは、指を切ってしまいました。大怪我でした。
生傷が絶えない、命がけの大変な仕事です。尊敬します

s-DSC_2508.jpg

木の形を、そのまま生かした、世界に一つのオリジナル椅子です

s-DSC_2512.jpg

今、人気の木の香りたっぷりの、ちゃぶ台です。可愛い~

s-DSC_2514.jpg

こんな美しいチェストも、作ってます。匠の技です

s-DSC_2518.jpg

売約済みのベンチ、こんな素敵な椅子があれば、毎日、癒されますよね

s-DSC_2501.jpg

ぜひ、いちど、AkEMI工房を覗いてみて下さい。
木の温もり、たっぷりの家具に、出会えます。月うさぎでも、展示してます。

看板犬の「むぎ」が、迎えてくれるよ



13:47:09
s-DSC_2530.jpg

親愛なる伊賀焼伝統工芸士 柴本耕志先生に習う陶芸教室を開催します。

日時    10月24日(日)午前11時頃~

参加費用 3000円(飲み物、お菓子付き) 

持ち物   エプロン、タオル、お弁当


 今回は、自然味あふれる野焼きで、陶器を焼きます。
野焼きとは、乾燥させた陶器を、焚き火の中に入れ、焼き上げます。
陶器を乾燥させるため、一ヵ月後の、11月20・21日に野焼きを行います。
野焼きの費用も、参加費用に含まれています。
 お昼ご飯は、持込OKです。もし、こちらで、召し上がれる方は、事前にご予約ください。

芸術の秋です。自然の中で、まったりと陶芸に親しんでください。
野焼きの頃は、きっと、紅葉真っ盛りの時期です。

ぜひ、ご参加、お待ちしています。



16:48:32
s-DSC_2478.jpg

この連休に、楽しいサイクリストCancanさんのお仲間、8人が、秋季キャンプを行いました

s-DSC_2484.jpg

それぞれ、大阪、和歌山、鈴鹿などから、現地「月うさぎ」に集合。
テント、荷物を積んで、重装備です

s-DSC_2487.jpg

これは、おフランス製のバッグ、とっても、お洒落です

s-DSC_2464.jpg

そして、盛大な宴会の始まりです。
それぞれが、手作りの自慢の一品を披露です。
おでん、チーズ鍋、松茸ご飯、アイルトン・セナが食べた焼肉、黒門市場で買ってきたサバの鯖寿司、柿の葉寿し、チーズ鍋の後のリゾット(絶品!)などなど、美味しいもののオンパレード

s-DSC_2466.jpg

私たちも、ビピンパを作り、一緒に参加させてもらいました。
美味しいお酒、ワイン、ウイスキーも、頂き、もう、ご機嫌

s-DSC_2470.jpg

な、なんと、デザートの、おぜんざいまで・・・
もう、完璧です。理想の持ち寄り宴会、万歳~

s-DSC_2476.jpg

ちょっと、肌寒くなってきたので、今年初のキャンプファイヤーです

s-DSC_2477.jpg

いい感じです。みんな、火の周りに集まり、楽しい夜を満喫しました

でも、夜は、犬が鳴いていたので、よく眠れなかったですね。ごめんなさい

s-DSC_2482.jpg

次の日は、快晴で良かったです。皆で記念撮影、圧巻です。
楽しいお仲間、次回のキャンプ、楽しみにしていまーす

s-DSC_2495.jpg

ももたろう 「今度は、テントの中で、一緒に寝たいにゃー



2010/10/11
16:09:00
s-DSC_2450.jpg

10日に谷尻の神社で、秋祭りがありました

s-DSC_2444.jpg

五穀豊穣を祝い、餅まき、この辺では、「御供まき・ごくまき」を、行います。
これが、とても、楽しい。つい、童心に返ってしまいます

s-DSC_2445.jpg

おじいちゃん、おばあちゃんも、楽しそうです。いっぱい、お餅拾えました

s-DSC_2449.jpg

昔、もっと住民が多かった頃、露店まで出て、盛大なお祭りだったそうです

s-DSC_2451.jpg

その後、久しぶりに、皆と、宴会です。
今年は、お客様があって、お餅作りに参加できませんでしたが、
御供まきに、呼んでもらい、感謝感謝です。いつも、親切にして頂き、ありがとうございます

s-DSC_2447.jpg

これからも、大切に残していきたい、日本の行事です

s-DSC_2453.jpg

こんなに、たくさん、拾いました。これから、焼き餅や、鍋に入れたりと楽しみです。
このお餅は、スーパーで売っているお餅とは違い、とっても、美味しいのですよ

s-DSC_2494.jpg

若様 「このお餅を食べると、この一年、病気もしないと、とっても、御利益があるんだにゃー



16:18:31
s-DSC_2418.jpg

明日は、体育の日です。
スポーツの秋です。ノルディックウォーキングです

s-DSC_2462.jpg

ノルディックウォーキング用のストックです。
北欧のクロスカントリーの選手たちが、夏の強化トレーニングとして行っていたスポーツです

s-DSC_2456.jpg

爽やかなこの季節、この自然の中を、歩くのは、最高です。
森林浴効果もあり、歩きながら、山野草を見つけたり、動物達に出会ったり、楽しみ満載です。
うちは、猫たちと一緒に、散歩です

s-DSC_2420.jpg

ノルディックウォーキングは、全身運動で、膝や腰に負担なく、長距離を楽に歩けます。
姿勢が良くなり、ストックを握ったり、放したりするので、血行が良くなり、肩こりも治ります。
短時間で、効率のいい有酸素運動なので、ダイエットに最適、気になる二の腕のシェィプアップ効果大です

s-DSC_2421.jpg

前後のストレッチ体操も、ストックを使いながらの、非常に気持ちの良い体操です

s-DSC_2454.jpg

桜の助 「あ~、今日も、楽しかった。ちょっと、スリムになったかなぁ~



2010/10/09
10:09:23
s-DSC_2388.jpg

秋は、いいです

s-DSC_2427.jpg

ちえちゃんに、宇陀市の図書館が、市の住民以外の人でも、カード作成費100円を払うと、本を貸し出ししてくれると、教えてくれたので、早速、借りに行きました

活字に飢えていた私は、嬉しくなり、ハイテンション。
久しぶりの図書館に、わくわく。長い時間、滞在してしまいました。
これから、冬眠中の楽しみが増えました。宇陀市さん、ありがとう


s-DSC_2430.jpg

「月うさぎ」の縁側に、ちっちゃな図書館も作っています

s-DSC_2389.jpg

周りの木々、緑を眺めながら、読書です。
何といっても、静かです。小鳥や虫の声を、BGMに、ほっこり、本が読めます

s-DSC_2425.jpg

美味しい珈琲を飲みながら、至福の時間です。
よかったら、好きな本を持ち込んで、読書の秋を楽しみませんか

s-DSC_2358.jpg

月 「私も、我輩は猫であるを読んでみようかにゃぁ~



2010/10/08
16:51:44
s-DSC_2401.jpg

この前、S様に連れて行ってもらった、信楽ツアーのランチで、
信楽の勅旨の「Caffe Baretto」という、とっても、お洒落~なカフェに行きました

s-DSC_2399.jpg

どこを見ても、センスの良い空間。久しぶりに、都会を懐かしく思い出しました。
面白そうな本も、たくさん、置いてあって、ゆっくり珈琲タイムを過ごせそうです

s-DSC_2398.jpg

そして、絶品、牛スジカレーを頂きました。
このカレーは、しょうが、にんにく、みそなどと、煮込んだ特製カレーで、
3日目のカレーが、一番、美味しいと、S様が、言っておりました。
私たちは、初めて来て、その3日目のカレーでした。なんと、運の良い・・・
柔らか~く煮込まれた牛スジが、たっぷり。美味しゅうございました

食後のこだわりコーヒーも頂きました。

<<おまけ>>

s-DSC_2400.jpg

ここのトイレが、また、凄くお洒落。もう、完璧でした

s-DSC_2414.jpg

その後、MIHO MUSEUMを観賞したあと、おやつタイム、
美術館のカフェで、珈琲とオープンサンドを頂きました。
ここのレストランの食材は、自然農法で作られたものを使用しており、とっても、美味しいのです。
美術館で、偶然、会った、パン工房のらのご夫妻も、ここのうどんが、美味しいと言っていました。
今度、食べよ~

s-DSC_2415.jpg

番頭が、頼んだ「すだちジュース」
素晴らしい庭園を、眺めながらの優雅なひと時・・・
美術館だけでなく、レストランまでのこだわり、細部にわたるまでのおもてなし、
超一流の美術館です

s-DSC_2370.jpg

ももたろう 「いいなぁ~ 僕も、食欲の秋を味わいたいにゃあ~



2010/10/07
19:23:55
s-DSC_2390.jpg

秋晴れが続き、どこかに出掛けたくなり、急遽、伊賀に行くことになりました。
前日の連絡にもかかわらず、親愛なる陶芸家、S様が、お付き合いしてくださるとの事、
芸術の秋、伊賀、信楽ツアーを、企画してくれました

s-DSC_2392.jpg

まず、信楽の番頭の養女になった、陶芸家のM吉が、働いている白道窯を見学させてもらいました。
立派な登り窯を拝見。この登り窯の横には、桜があり、春は花見をしながらの窯焚きだそうです

s-DSC_2396.jpg

久しぶりの、M吉との再会。手際よく、作業をこなしていました。尊敬

s-DSC_2397.jpg

陶器を乾燥させるのに、天日干しや、夏でも、ストーブの周りに置いて、何度も繰り返すそうです。手間隙のかかる大変な作業です

s-DSC_2395.jpg

M吉作の、うさぎちゃんを発見。う~、可愛い・・・
この後、今、信楽で開催されている「信楽まちなか芸術祭」を見学。
10月1日~11月23日まで、5会場で多彩なイベントが開催されています。
信楽のまちは、みんな一丸となって、町を盛り上げています。素晴らしいです

s-DSC_2403.jpg

その後、ずっと、行きたかった「MIHO MUSEUM」に連れて行ってもらいました。
少し、紅葉が色付いていました。ほんとに信楽の山の中にある美術館です

s-DSC_2405.jpg

広大な敷地のなかにある美術館のテーマは、桃源郷。まさしく、その通りでした。
建物の80%以上が、地中に埋没していて、自然を大切にした美術館です。
本館までの道のり、電気自動車のバスが、往復しているのですが、行きは歩いて散策。
途中のトンネルの美しさに、まず、感激

s-DSC_2406.jpg

綺麗に、手入れされた遊歩道、春の桜の時期は、また、格別だそうです。絶対、行くぞ

s-DSC_2408.jpg

もう、感動の連続でした。建物は、大好きなルーブル美術館のピラミッドを設計した、
建築家の I.M.ペイが、設計したそうです。日本に、こんな素敵な美術館があったなんて知りませんでした

s-DSC_2412.jpg

展示の仕方が、美しく、ただただ、うっとりするばかり・・・
所蔵のコレクションが、また、凄い。世界各国の美術品たち。超一流のものばかりです。それも、私好みの・・・
9月4日~12月12日まで、「古陶の譜」を開催していて、中世のやきもの、六古窯の陶器が、大展示。
大満足の展覧会でした

s-DSC_2416.jpg

紅葉の時期も、また、美しいそうです。
MIHO MUSEUMは、日本でお気に入りの美術館となりました。

S様、一日、お付き合いくださり、素晴らしい貴重な時間をありがとうございました



13:58:11
s-DSC_2379.jpg

うちの悪ガキ三匹です。椿の子、おてんば娘の「クーリー(栗)」です。
女の子なのに、負けていません。同じ兄弟なのに、こんなにも、性格が違うのかと感心します。
性格は、仔犬の頃から、解ります。クーリーは、仔犬の頃から、気が強く、他の仔犬たちを血まみれにするくらい噛み付いていました

s-DSC_2384.jpg

続いて、「銀平」です。クーリーと兄弟で、負けず嫌いの男の子です。
みんなのお兄ちゃんなのですが、ただのいじめっ子、でも、父ちゃん・とまとんには、敵いません

s-DSC_2371.jpg

この子は、「サンタくん」、こころの子なので、一ヶ月、年下、でも、強くなりたくて、いつも、銀平に挑戦!
いつも、負けています。でも、遊んで欲しい・・・
この三匹は、ほんとに元気で、エネルギーが有り余っています。
穴を掘ったり、椅子の足をかじったり、何でも、ぼろぼろに散らかしてしまいます。
もう少し、大きくなると、ちょっとは、落ち着くのかなぁー

s-DSC_2328.jpg

そして、一番のいじめられっ子、「すだち」のすーくん、一番、体が大きいのに、気が小さい。
こころのお父さん、ハチにそっくりで、真っ白で、大人しい男の子。
可哀想なくらい、いじめられるのです。だから、余計に可愛いがるので、甘えん坊で、怖がり

でも、みんな可愛い、私の子供達です。みんな仲良くね

s-DSC_2369.jpg

ももたろう店長も、目が放せません

<<速報です!>>

s-DSC_2368.jpg

「月桜」のアリの被害。やっと、アリの姿を、見かけなくなりました。
番頭は、ほっと、ひと安心して、おりますが、
ただ、寒くなってきたので、アリも冬眠準備に入ったのでは、ないでしょうか?
まぁ、来年の春を楽しみに、ひとまずは、ご安心くださいませ



2010/10/01
16:17:47
s-DSC_2349.jpg

10月・神無月です。とっても、気持ちの良い秋晴れです

s-DSC_2366.jpg

今日は、月うさぎの横の、東吉野村の村有林、天然絞り丸太の間伐を行っていました。

s-DSC_2365.jpg

チェーンソーで、切り倒し、担いで、下まで、運びます。
山の斜面での作業、凄く、危険で、大変な仕事です。
まだ、ここは、道路に近いので、人力ですが、山の上の木だと、ヘリコプターで運び出します

s-DSC_2356.jpg

それだと、かなり経費が掛かり、今、高い材木は売れないので、赤字だそうです

s-DSC_2352.jpg

山守さんたちも、高齢化が進み、このままでは、日本の林業が大変なことになります。深刻な問題です。
NPO 森の月人は、これからも、林業・地域活性のために、微力ではありますが、取り組んでいくつもりです

で、この間伐材たちは、名古屋のバス停の椅子となり、寄贈されるそうです。

s-DSC_2359.jpg

月 「山守さんたち、ご苦労様でした。
   東吉野村の材木たち、名古屋に行って、可愛がってもらってね



お知らせ
今年より、営業日を土日祝日とさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。玄米ご飯と山菜・春野菜たっぷりのおまかせ満月ランチ 1500円 できれば前日までにご予約下さいませ。  
プロフィール

月うさこ

Author:月うさこ
奈良県東吉野村で古民家カフェをやっています。田舎でまったりとした日々を過ごしています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
ブログ内検索