雪、降り続く。
2012-01-26 Thu 17:45
s-DSC_6294.jpg

この寒波で、今日も一日、雪が降り続いています。
厳しい寒さ、体に応えます。猫たちも、家の中から雪景色を観賞中

s-DSC_6301.jpg

どんどん、雪が積もっていきます。
昨冬の豪雪の記憶が、蘇ってきます

s-DSC_6302.jpg

道路も、この朝晩の冷え込みで、バリバリに凍結し、危険な状態です。
暫らくは、月うさぎには、簡単に来れない(いや、来れない)日が続きそうです

s-DSC_6298.jpg

春日 「早く、暖かい春が来ないかなぁ~ 外で遊べないよ~

                     雪国の月うさぎより

別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
風香かあさんが、大好きな甘えん坊若様
2012-01-23 Mon 12:32
s-DSC_6279.jpg

若様 「風香かあさん、大好きだよ~

風香 「もーう、甘えん坊さんなんだから~

s-DSC_6281.jpg

若様 「母さん、僕も舐めてよ~ うーん、気持ち良い~

s-DSC_6284.jpg

風香 「困った若ちゃん、いつになったら、親離れするのかしら・・・

(でも、風香も、若様だけは、可愛いのか、仲が良い

s-DSC_6286.jpg

若様、風香 「なんか、眠くなってきたねぇ~

s-DSC_6288.jpg

風香 「さあ、寝ましょう」

若様 「うーん、幸せだよ、母さ~ん

と、仲良し親子の二匹、今週も寒くなりそうなので、くっ付きましょうね~


別窓 | 家の住人 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ハイジが立った!
2012-01-21 Sat 17:49
s-DSC_6289.jpg

「クララが立った!(アルプスの少女ハイジより)」 (これが解るのは、同年代
ではなく、「ハイジが立った!」のです

猟犬に襲われ、足を咬まれてから、ユキちゃんと共に寝込んだきり、15日間、ずっと動けませんでした。
小山動物病院に連れて行き、お薬を頂き、足の腫れは治まってきましたが、まだ、痛いらしく、立てませんでした

餌を食べさせ、排泄物のお世話をし、一生懸命、励まし、必死の介護で、昨日、立つことが出来ました

今日は、久しぶりの外に、お散歩、本当に嬉しく、感無量です

s-DSC_6291.jpg

心配していた相棒のペーターも、喜んでおります

s-DSC_6292.jpg

まだ、しっかりとは、歩けませんが、本当に、良かったね、ハイジ

s-DSC_6290.jpg

ペーターの喜びの雄叫びです。「嬉しいメェ~~

ご心配して頂いてた皆様、本当にありがとうございました


別窓 | 家の住人 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
寒さ本番!
2012-01-19 Thu 13:58
s-DSC_6269.jpg

寒い日が、続きます。いよいよ、寒さが、本番になってきました

雪が、しっかり、積もりました。
どんよりと、雪雲から、深々と雪が降る景色も、風情がありますが、夜中、雪が降った次の日、快晴で、青空と白い雪の景色も、また、美しく、感激いたします

s-DSC_6276.jpg

山茶花に積もった雪が、朝日に照らされ、きらきらしています(でも、ちょっと、重たそう・・・)

s-DSC_6273.jpg

犬達の嬉しそうな顔、田舎の犬と雪景色、いい感じ・・・

んっ!! 家の中で、人間たちはというと・・・

s-DSC_6277.jpg

「雪見会の新年会」と称し、宴会だ~

尾鷲産のまぐろのカルパッチョ、頂き物の猪肉のステーキ、ほっこり、チーズ鍋で、乾杯~

みんなで、わいわい、今年の抱負、夢、やりたい事などを、語り合い、楽しい時間が過ぎていきました。
みなさま、今年も、よろしくお願いします

s-DSC_6270.jpg

ココロとゆず 「もう~、付き合ってられへんわ~


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
椿寿荘のワンナイトディナー
2012-01-16 Mon 14:56
s-DSC_6255.jpg

年に二回のお楽しみ、大宇陀の椿寿荘のワンナイトディナーに行って来ました
この日まで、冬の名物、イルミネーションが、楽しめました。圧巻でした

s-DSC_6258.jpg

手作りのイルミネーション、毎年、バージョンアップして楽しませてくれます。
メルヘンの世界、見るだけで幸せになります

s-DSC_6261.jpg

神戸から、出張して来てくれる、フレンチレストラン「サイド・バイ・サイド」、今回も、美味しい料理の数々で、至福の時間を味あわせて下さいました

s-DSC_6259.jpg

そして素敵な音楽、大好きなジャズの生演奏を楽しみながらの、ディナータイム、贅沢です。
今回は、男前のベースマンの参加もあり、理事長、嶋田さんの大熱唱ライブもありの盛りだくさんでした

s-DSC_6262.jpg

もちろん、お誕生日の方にバースデイケーキ、美味しい日本酒の振る舞いがあったり、
フルコースのデザートの後に、椿寿荘のコック長からのプレゼント、美味しいお善哉のサービス(お腹いっぱいだったけど、食べちゃいました)
大盛り上がり、ビンゴゲームで、お食事券や豪華プレゼントなど、
行く度に、お客様を感激させる企画を、次々と考えて楽しませてくれます

s-DSC_6268.jpg

額入りの記念写真や、スタッフ手作りのテーブルに飾ってあったお花を、お土産に用意してくれたりと、心のこもった、温かいおもてなしが、いっっぱいの椿寿荘です

ぜひ、奈良のおもてなしナンバーワン、大宇陀かぎろひの里・本郷温泉「椿寿荘」に行ってみて下さーい


別窓 | 近くの素敵な場所 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
燦々ファームで新年会
2012-01-14 Sat 12:51
s-DSC_6240.jpg

サラノバサラダで、いつも、お世話になっている、曽爾のサンサンファームで、新年会を開いてくれました

平畠お父さんが、特別に猪鍋をご馳走してくれました。(久しぶりの猪肉・・・

今まで、猪鍋は、味噌味の鍋しか、食したことがなかったのですが、今回は、すき焼き風の猪鍋です。
お肉は柔らかく、癖がなく、脂が乗っています。ここに、採れたての大根を、一緒に炊き込むと、なんと言う美味

美味しい猪肉のエキスが、大根にいっぱい浸み込んで、たまりません。
美味しかったです。ご馳走様でした

s-DSC_6241.jpg

曽爾でも、御杖でも、室生でも、村は高齢化が進み、若い人は、どんどん、都会に出て行ってしまうという深刻な問題に、陥っています。

そこで、鍋を囲みながら、ああでもない、こうでもないと、村の活性化について、意見を交換し合いました。

いろいろ考え方はありますが、とりあえず、月うさぎの様な、都会の人と村の人たちの交流の場を、たくさん作っていって、自然の素晴らしさ、田舎生活での良い所、不便な所を実際に体験してもらうのが大切であるという事になり、まずは、小さなことから、こつこつと、実践していく事になりました

ぜひ、興味のある方は、どんどん参加して下さいね~

s-DSC_6248.jpg

と、家でも猫達が集まり、薪ストーブの周りを囲んで、猫会議

いやいや、ただ、寝てるだけだ~

s-DSC_6253.jpg

出た~!! 必殺、月のうつ伏せ寝

月だけが、何故か、顔を下にして、たまに、寝ています(苦しくないのかな~?)
また、平和な月うさぎの時間が、まったりと過ぎていきます


別窓 | 近くの素敵な場所 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柿酢が完成!
2012-01-12 Thu 14:35
s-DSC_6222.jpg

昨日の夜から、雪が降り出し、朝方、晴れていたので、(月明かりが明るかった)放射冷却で、朝の気温、-5度でした

凍てつく様な寒さとは、この事だろうと、道路も、バリバリに凍結していました。
でも、何とか、水道管の凍結はなかったので、一安心・・・

s-DSC_6175.jpg

昨年、11月の初めに、作っていた柿酢(実は、ほったらかし)が、熟成し、酢になっていました。
柿の表面には、優秀な菌たちが、膜を張っていました。凄い

樽から、取り出し、丁寧に漉していきます。
ぷーんと、いい酢の香りがしてきます。
搾った柿のかすは、堆肥センターへと、無駄にはしません

s-DSC_6231.jpg

綺麗な柿色の酢が、一升瓶に三本も取れました。
柿のほんのりした甘さ、やさしい酸味、無添加の手作り天然酢です。(まだ、一升瓶の中で発酵し続けて、熟成されていくそうです)

このまま飲んでも健康に良いのだそうですが、酢好きの私は、ドレッシングや、酢の物など、いろいろな料理にも使ってみたいと思います

s-DSC_6081.jpg

あまりの寒さに、電気ポットの上でつぶやく、ももたろう

「無農薬の柿の表面に付いている、優秀な菌たちが、自然の力で発酵し、体に良い酢を作ってくれるなんて、感激です

近年、除菌、抗菌の世の中になっていますが、確かに、怖い菌は危険ですが、良い優秀な菌まで、殺してしまって、現代人の体は、ますます、弱くなってきているのではないかと感じます

柿酢を作ってみて、こんな事を思いました




別窓 | ほっこり田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
悲しい事件
2012-01-09 Mon 16:09
s-DSC_5960.jpg

年明け早々、悲しい事がありました。
5日(木)のお昼頃、猟の最中の猟犬が、山羊小屋の壁を乗り越え、山羊達を襲いました。

子山羊のユキちゃんが、瀕死の状態になってしまいました。
その日は、まだ、動物病院も正月休みで開いてなく、かなり危険な状態。

でも、ユキは、一生懸命に生きようとし、頑張りました。
しかし、3日目の朝、息絶えて、天国に召されて行きました

ペーターも足を引きずり、母親のハイジは、必死にユキを守り、足に怪我を負い、今も立てない状態です。
ユキちゃんが、いなくなってから、更に、元気がなく見ているのが辛いです。

この辺りは、民家もあるので、禁猟区ですが、害獣駆除の目的で猟は行われています。
たまに、家の近くで、銃声が聞こえてくるのですが、いつも、複雑な気持ちになります。

犬の本能なので、仕方ないことなのです。(家の犬も、襲っていましたし・・・)
ただ、弱い草食動物を飼う環境を整えてやらないと、危険がいっぱいだと、反省しています。

s-DSC_5757.jpg

10月31日に月うさぎに来てから、2ヶ月とちょっと、だいぶ懐いて、愛らしい姿を振りまいていたユキちゃん。
守ってやれなくて、ごめんね。ママを許してね。天国で、みんなと待っていてね。

悲しい悲しい、涙の連休でした


別窓 | 家の住人 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
尾鷲の魚屋さん
2012-01-06 Fri 13:49
s-DSC_6212.jpg

毎週月曜日、三重県尾鷲から、新鮮な魚を売りに来てくれる魚屋さんが、年末年始も、たくさん御馳走を運んできてくれました

年々、歳を重ねるたびに、お肉より、魚が好きになってきたのですが、奈良には海がありません。
それなのに、この山の中で、美味しい魚が食べられる幸せ。贅沢です

寒くなると、脂がのってくる鰤、もちろん、刺身でも美味しく、冬の楽しみ、ブリしゃぶです

s-DSC_6164.jpg

さんまの開いたのを、売りに来てくれたので、お手製さんま姿寿司

s-DSC_6141.jpg

これまた、豪華、ウニたっぷり、海鮮丼ぶり~
ごめんなさい~ とっても、美味しかったです~

s-DSC_6209.jpg

と、年に一度の贅沢な年末年始でした(もちろん、お酒も飲みすぎました~

尾鷲の魚屋さん、ありがとうございます~
さぁ、今年も一年頑張ろう~っと


別窓 | 美味しい食事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一変して、外は雪景色
2012-01-02 Mon 13:06
s-DSC_6213.jpg

暖かいお正月だと、喜んでいたのも、束の間、朝起きると、外は雪景色

s-DSC_6219.jpg

気合を入れて、犬達の散歩に出掛けました

s-DSC_6220.jpg

犬達は、大喜び、走り回っています

s-DSC_6221.jpg

美しい銀世界、木々に積もった雪、雪山の景色は大好きです

今日は、吹雪になったり、粉雪になったり、みぞれが降ってきたりと、家の中から、雪景色を楽しんでいます

s-DSC_6226.jpg

もちろん、猫達は、炬燵、ストーブの前で丸くなっています。
やっと、お正月らしくなってきたので、炬燵に入って、雪見酒とまいります


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012年 元旦
2012-01-01 Sun 15:47
s-DSC_6206.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします

今年は、東吉野村に引っ越してきて、初めて、雪の積もってないお正月となりました。(なぜか、ちょっとさびしい感じ・・・

s-DSC_6196.jpg

暖かいお正月、頑張って作ったおせちで、まずは、お祝い

s-DSC_6198.jpg

それから、初詣に出掛けました。
毎年、お参りする丹生川上神社です。

ここは、水の神様、竜神様をお祀りしているので、今年は、特に念入りに・・・
私達の名字に、龍と言う字が入っているので、辰年は、何となく親しみがあります

s-DSC_6199.jpg

願いが叶う、千年杉にも、お参り

s-DSC_6203.jpg

神社の境内には、龍王大神をお祀りしてある場所があります。

s-DSC_6201.jpg

ひっそりと、目立たない所なので、本当に竜神様が眠っているような雰囲気です

s-DSC_6205.jpg

今年は、龍おみくじも、登場。可愛いです。
ぜひ、辰年の今年、丹生川上神社にお参りに行ってみて下さい


別窓 | 近くの素敵な場所 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月の日記 「月うさぎ」 |