のんびり、まったり田舎暮らし
2012/02«│ 2012/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/04
2012/03/27
10:36:20
s-DSC_6527.jpg

25日(土)に、室生のギャラリー夢雲で、開催されたえま&慧奏のライブに行ってきました

この日は、冷たい雨が降ったり止んだり(私達が行く途中は、あられが降ってきた・・・)のあいにくの天候でしたが、多くの方が参加され、とても、賑やかでした

s-DSC_6517.jpg

今年、最初の作品展、「キリムと灯り」も開催中で、オスマンさんのキリム、

トルコの遊牧民が、生活の必需品として、また、嫁入り道具として、丹念に手間を惜しまず時間をかけ願いを込めて織り続けてきたキリム、どれも暖かく素敵なキリムでした

s-DSC_6519.jpg

鍛冶師 河上知明・真琴さんのつくる心に響く澄んだ音の出る三昧琴や、メルヘンの世界で美しい燭台の数々、魅了されました

s-DSC_6514.jpg

そして、ライブの前の心と体に優しいトルコ風Chie野菜ごはんを頂き、作品展、美味しいランチ、ライブと、盛りだくさんで、大満足の夢雲

久しぶりに偶然、会えた友人、新たな楽しい出会いと魅力たっぷりの空間、夢雲、今年もよろしくお願いします

s-DSC_6524.jpg

と、なんと言っても、ずっと前から、いろんな方々から、えま&慧奏の噂を聴いていて、一度、ライブを聴きに行きたいと思っていて、待望のライブを、大好きな夢雲で聴け、本当に幸せでした

ヒロさーん、やっと、えま&慧奏のライブ行けました。とっても、とっても、癒されました。
平和の祈りをこめて、今年は良い年になりますように願ってきました

スポンサーサイト

11:14:50
s-DSC_6307.jpg

気の弱くて優しい猫、ももたろうと菊千代、わがまま放題、我が道を行く風香ファミリーのまだまだ、寒い日の薪ストーブでの周りでのひとコマ

いつも、風香にいじめられている、ももたろうと菊千代、ビクビク緊張・・・

s-DSC_6313.jpg

風香が、どっこいしょと体勢を変えると・・・

ももたろう 「おいおい、何だよ、そんなに近寄るなよ~ 
菊千代  「や、やめてよ~(目を合わせない)

s-DSC_6312.jpg

風香 「えっ、何か文句ある

ももたろう 「あっ、ありませーん
菊千代、固まる・・・

s-DSC_6306.jpg

ももたろう 「こっ、怖かったね~(涙目のももたろう)
菊千代  「私達は、仲良くしようね・・・

こんなにも、猫達の性格は、それぞれ違います。可哀想なくらい小心者の猫は、遠慮しながら生活しております。
人間社会も大変ですけど、気楽に見える猫社会も、いろいろ苦労があるみたいです



2012/03/15
15:38:51
s-DSC_6512.jpg

昨日は、少し、春の日差しを感じ、ほっこりしていたのに、朝起きると、外は、真っ白、雪が積もっていました

昨年は、3月まで、ずっと、雪が積もっていたので、感じませんでしたが、今年は、積もっては解け、ちょっと暖かくなったと思うと、翌日、雪の厳しい寒さ、10度以上の気温差は、老体には応えます

s-DSC_6513.jpg

昨日、撮った晴れた風景と比べると、信じられない真冬の景色・・・

うさこの気象記録によると、昨年は、4月3日まで、雪が散らついていました。
この調子だと、今年の春も、まだ、先になりそうです

s-DSC_6507.jpg

うさこの月桜開花予報によると、今年も、やはり、4月下旬、20日過ぎ頃だと思われます

ももたろう店長 「春が来るまで、じっと耐えるのみだ・・・



2012/03/14
19:34:35
s-DSC_6501.jpg

3月に入っても、寒の戻りで、雪が積もったりと厳しい寒さが続いています。
今日は、お天気でしたが、風があり、花粉症の方は、大変だと思います

杉の花粉が飛んでいます。幸い、私は、まだ、発症しておりません。

s-DSC_6502.jpg

家の周りは、まだ、雑木があり、それほどではありませんが、杉の山は、今、真っ赤に染まっています

近年、花粉症の人が増えているのは、いろいろな要因がありますが、戦後、家を建てるために、早く成長する杉・ヒノキを植えるように国が推進したためだと考えられています。

杉、桧が育つまでに、海外から安い材木が輸入され、日本の木は使われなくなり、山はほったらかしで、手入れがされず、杉、桧たちは、悲鳴を上げて、花粉を飛ばしているのです

特に、奈良のこの地方は、吉野杉・桧で有名だったため、凄い面積の人工林の山々です。
そのため、猪や鹿の農作物被害や、土砂崩れが頻繁に起こったりと深刻な問題なのです

s-DSC_6505.jpg

昨年の台風で、土砂がたくさん川に流れ込み、川が浅くなり、あまごが育つことが出来ず、今年は、あまご漁業を休業しています。
山が荒れると、きれいな水、川は守れず、いろいろと自然環境は崩れていきます。

花粉症の方は、辛いでしょうけれど、こうなったのも、我々、人間のせいなのです。
国産材をもっと使い、山を手入れできるように、関心を持ってください。お願いします



2012/03/12
17:02:00

s-DSC_6474.jpg

宇陀市菟田野地区の鹿革は、生産日本一の特産品です。
この鹿革に漆で紋様を描く「印傳・いんでん」は、伝統工芸品です。

印伝は甲州印伝が有名ですが、奈良でも、菟田野で、昔ながらの製法で作っている奈良印傳さんに見学に行ってきました

突然の訪問にもかかわらず、快く商品を見せてくださり、丁寧に印伝の説明を聞かせて頂きました。

s-DSC_6470.jpg

この日は、燻べ(ふすべ)製品の作業をしていて、その作業場も見学させてもらいました。
燻べとは、稲穂を燻べて、その煙で皮を染めていくという技法です。

煙で、皮を染めるなんて初めて知りました。この技法が印伝の始まりなのだそうです。
こうすることにより、虫がつきにくく、丈夫になり、武士の甲冑などに使用されたのが、今でも綺麗に残っています。

大きなドラムに皮を張り、一日かけて、回転させながら、染色していきます。
とても、大変な作業です

s-DSC_6472.jpg

これが、燻べ商品です。やさしい味わいのある素敵な製品です。
一点一点、物凄い手間隙のかかる工程を経て、丹念に仕上げられる職人の技の賜物、ちょっと高価になるのも当然です

皮の処理から、製品に仕上げるまで、全て手作り、南都さんは、御家族で経営されているのだそうです。
興味のある方は、ぜひ、ホームページをご覧下さい。

s-DSC_6327.jpg

昔ながらの技法で、伝統を守り続けている奈良印傳、これからも、この伝統工芸を残していって下さい。
陰ながら応援いたします

こんな家の近くで、凄い職人さんがいるなんて、ますます奈良の偉大さ、魅力に惹きこまれました



14:47:16
s-DSC_6477.jpg

三月になって、ようやく、暖かくなってきました。
庭に春の訪れ、フキノトウを見つけました

s-DSC_6478.jpg

草の新芽が、にょきにょきと顔を出し始めました。
今年も、たくさんの水仙の花の芽が、あちらこちらに出てきて、花が咲くまで待ち遠しいです

s-DSC_6486.jpg

小さな草花、「オオイヌノフグリ」が、可愛い花を咲かせています。
家の前の湿地では、カジカが鳴き始め、賑やかな小鳥達の歌声も聞こえてきます

でも、なんといっても、ウグイスの美しい鳴き声を聞くと、一緒に春を喜びたくなります

s-DSC_6494.jpg

ユキちゃん 「ハイジ母さーん、ほら、春の香りがするよ~



16:01:00
s-DSC_6456.jpg

先月の25日に吉野町で開催された「銘木と銘酒の町 フォーラム」に行ってきました。

これは、産業と文化のまちづくりに取り組んでいる吉野ウッドプロダクト主催によるイベントだそうです。
今年は、お世話になっている奈良食文化研究会が、吉野の美味しい食べ物の発掘を依頼され、柿の葉寿し、葛うどん、鹿カレー、鹿肉おやきなど、食べ物でも、イベントを盛り上げていました

s-DSC_6432.jpg

暮らしのウッドプロダクト展では、地元の製剤所や、吉野杉箸、工房が、木の魅力を再発見できる新商品などを、展示販売していました

s-DSC_6438.jpg

吉野杉は、まっすぐで、節がないというので、酒、味噌、醤油、味醂、漬物など、自然の恵みをためる器、「樽」で使用され、有名になったそうです。

今では、木の樽を使用する酒蔵などが、少なくなり、樽職人も少なくなっているそうです。
その樽を見直そうと、昨年から、吉野百年杉で作った酒樽で、日本酒を作ったり、新しい商品、雨水槽が作られたりと、新たな取り組みがされ、皆さん、頑張っておられました

s-DSC_6439.jpg

職人さんによる匠の技、美しい木の明かり、吉野杉のコースター、杉箱や、なんと、吉野杉のiphoneカバーなど、素敵な商品が、たくさんありました

s-DSC_6448.jpg

その他、無料巡回バスで吉野のまち歩き、吉野材センター、吉野サロン、吉野材を使って建てられたモデルハウスの見学など、またまた、木の良さを感じる体験でした

s-DSC_6450.jpg

旧伊勢街道かみいち地区の古い町並みを散策したり、「やたがらす」「猩々」「花巴」の酒蔵の見学、試飲など、見どころ満載のイベントでした

吉野の桜だけでなく、ぜひ、次回来られる時は、吉野杉、吉野のお酒などにも、注目してみて下さーい



20:26:59
s-DSC_6412.jpg

山羊の赤ちゃんが産まれてから、二週間が経ちました。
久しぶりのブログ更新です

昨日の朝は、雪で真っ白でした。
冬の間、山羊のえさに苦労し、近所の農家で、くず野菜を貰いに行ったり、竹や笹の葉を取りに行ったりと、犬と猫の世話に加え、山羊の世話が増え、毎日、忙しく過ごしています

s-DSC_6421.jpg

母親のハイジは、付きっ切りで、赤ちゃんの世話をしています。
父親のペーターは、マイペースで、食欲旺盛、やりたい放題

s-DSC_6429.jpg

子山羊のユキちゃんの日々の成長には、目を見張るばかり。
一週間を過ぎてから、しっかり、歩き出し、その次に、飛び跳ねることを覚えたらしく、一生懸命に、飛び跳ねています

嬉しいときは、この可愛い尻尾を、ふりふり、小さい天使です

s-DSC_6430.jpg

しっかり、草を食べる練習もし、モゴモゴ、口を動かしています

s-DSC_6428.jpg

でも、一番は、お母さんのおっぱい、この光景を見ると幸せになっちゃいます

s-DSC_6431.jpg

お腹いっぱいになると、すやすやと眠り始めます。
白い小さな天使、ユキちゃん、産まれてきてくれて、ありがとう



お知らせ
4月より営業を再開いたします。今年より、営業日を土日祝日とさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。玄米ご飯と山菜・春野菜たっぷりのおまかせ満月ランチ 1500円 できれば前日までにご予約下さいませ。  
プロフィール

月うさこ

Author:月うさこ
奈良県東吉野村で古民家カフェをやっています。田舎でまったりとした日々を過ごしています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
ブログ内検索