「cafe b」が、お引越し!
2014-07-31 Thu 14:55
P7290059.jpg

7月26日に、菟田野にあった「cafe b」が、大宇陀にお引越しして、リニューアルオープンしました

場所も、この前、オープンした「cafe equbo*」と同じ、宇陀松山地区、古い街並みの一画にあります

P7290047.jpg

古い町屋に入ると、広い土間、少し前のお店と雰囲気が似ています

前のお店は、月うさぎから15分程の所にあり、やはり、寒さが厳しく、冬季営業が難しく、冬でも安心して来れる便利な大宇陀にお引越しを決めたそうです

P7290044.jpg

こじんまりとした隠れ家的な店内、押入れのスペースに置かれた、こだわりのスピーカーから、落ち着いたジャズの音色が、心地よく流れてきます

P7290052.jpg

静かな通りに面した格子、古い建物の趣きが、素敵です

P7290050.jpg

本日のbランチ (スープ+ドリンク付き) 1300円

冷製ビシソワーズスープ
夏野菜を包んだ全粒粉皮の揚げ春巻 ピリ辛トマトソース
自然農法の黒・赤・緑米の玄米ごはん etc.

ランチはなくなり次第終了だそうです。本格オーガニック野菜ランチ、美味しかったです

P7290043.jpg

裏には、やはり緑が広がり、涼しい風が吹きぬけ、ほっこり田舎の時間をを感じられます

P7290054.jpg

もちろん、自家製スイーツも、充実。まったり、カフェタイムも楽しめます。
オーガニック水出しコーヒー、何杯でも飲めそう~

注文した、バナナのシフォンケーキ 500円、絶品でございました

そしてなんと、金・土曜日は、夜9時まで夜カフェがオープン、今度行ってみようっと きっと良い雰囲気だろうな~

P7250020.jpg

続々と、私の大好きな大宇陀の古い街並みに、素敵なカフェがオープン

他にも、酒蔵、昔ながらの醤油屋、味噌屋、陶芸工房、銘菓 きみごろも、吉野葛、牛丼屋さんなどなど
歴史を感じに小旅行、大宇陀の街並みを散策しに来て下さーい


別窓 | 奈良の素敵なお店 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
奈良の避暑地
2014-07-25 Fri 14:16
P7250032.jpg

暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けて、かなり厳しい暑さ、猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか

宇陀のあたりでも標高が300m程あり、そこからさらに、月うさぎは山を登り、標高650mの山の上、都会よりは4~5度は気温が低く、涼しいです

P7250008.jpg

都会の犬たちには申し訳ありませんが、家の犬たちは、木陰の涼しい避暑地に引っ越しました

夏バテ知らずの元気そのもの 「めっちゃ、快適だワーン

P7250012.jpg

もちろん、家にはクーラーはありません。
でも、山から、ひんやりしたクーラーの風が家の中を通り抜けていきます

P7220005.jpg

月うさぎの夏の風物詩、「縁側で涼む猫たち」

家の中で、一番涼しい場所、さすが猫たちは、よく知っています。
ここで、お昼寝すると最高です(寝すぎてしまうけど・・・)

P7250018.jpg

夕方になると、ヒグラシが鳴き始め、気温も下がり、夜もぐっすり眠れます

奈良の避暑地、ここで快適な夏を過ごせるだけで幸せです。厳しい冬の寒さも我慢できるというものです

P7250024.jpg

満月 「みなさーん、暑さに耐えられなくなったら、ぜひ、奈良の避暑地に来て下さいニャ~


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
cafe equbo*
2014-07-18 Fri 15:24
P7161376.jpg

6月25日、大宇陀の宇陀松山地区に素敵なカフェ 「cafe equbo*」がオープンしました

P7161377.jpg

宇陀松山地区は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された、とても情緒のある城下町です

そのどっしりとした古民家をリノベーションしてカフェに、外観も趣があります

P7161371.jpg

店内も、とても良い感じ、通りに面した格子も素敵でした

P7161369.jpg

広い土間を利用した憧れのカウンター、おしゃれ~ 近所のおばあちゃまが、ゆっくり、お茶を楽しんでおられました

P7161368.jpg

店内に置かれている家具や調度品、どれも素敵 

BGMは、レコードプレーヤーです。 こだわりが、凄い・・・

P7161365.jpg

裏には、緑いっぱいのお庭があり、とても心地よい風が、すーっと吹き抜けていきます

P7161373.jpg

きまぐれランチ 1000円
この日は、地元野菜たっぷりのバンバンジーのどんぶりか、パスタ(サラダ付き)が選べます。美味しかった~

P7161367.jpg

そして、女子にはたまらない雑貨コーナーもあります。
こだわりの手作り雑貨、陶器や革小物、アクセサリーなどなど、かわいい~

P7161380.jpg

手作りのお米のパンも(このショーケースも可愛い)売ってました。
もちろん購入、もちもち、しっとり、やさしい味のパンでした

P7161375.jpg

ここは、地元の美人姉妹がお二人で経営されています。
待ちに待った私の大好きな街並みのこの地区で、素敵なカフェが終にオープン、感激です

道の駅で買い物したあと、古い街並みを、ぶらぶら散策しながら、ぜひ、立ち寄ってみて下さいね。
夏には、大宇陀の花火大会や、町並みのライトアップもあります。ぜひぜひ、遊びに来てね~



別窓 | 奈良の素敵なお店 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
秘密の花園
2014-07-17 Thu 15:40
005.jpg

コアジサイに続いて、山アジサイが綺麗に色づいていました

012.jpg

いつもの散歩道の、杉林の中に、ひっそりと、誰に見られることもないのに美しく咲いていました

008_20140717144242633.jpg

何ともいえない、思い思いの可憐な色に染まり、可愛らしく、小さくても凛とした姿で・・・

009.jpg

道路沿いの木の取り出しやすい場所は、まだ、間伐して日が入り込み、草花が咲いていますが、山の急斜面で作業のしにくい場所は、手入れが出来ず、真っ暗で草も生えていません

荒れ放題の山は、動物、植物の生態系にも影響しています。山に暮らして身近に感じ、泣いている山の解決策を、いつも考えています

013.jpg

青や紫の花の中、一輪だけ、ピンク色の可愛い花を見つけましたラッキー

山アジサイの次は、ヤマユリが咲き始めます


<<悲しいお知らせ>>

最後の山羊、ユキちゃんが、天国に召されました
ちょっと体調を崩し、下痢が止まらず、急にあの世へと旅立ってしまいました

005_20140717144326810.jpg

ユキは、母親ハイジが、ここで生んだ子、出産にも立会い、生まれる瞬間も見ることができ、可愛らしい子山羊も抱くことが出来ました

成長を見続け、嬉しいと、ピョンピョン飛び跳ねる姿、人懐っこい性格、美味しそうに草を食べる姿、犬に襲われ家出をして、たかすみ温泉まで歩いていったユキ、思い出が、いっぱいです

可愛がってくれた皆様、本当にありがとうございました

辛くて、悲しくて、暫くは、山羊は飼えません・・・



別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
絶景! 十津川ツアーⅢ 瀞峡
2014-07-09 Wed 12:20
061.jpg

最後に訪れたのは、やはり、絶景の瀞峡です。

瀞峡は、古くは玉置神社のの御手洗池と言われていたそうです。神秘的・・・

吉野熊野国立公園の一部でもある瀞峡は、大台ケ原周辺から流れ出した川が滝を形成し、侵食活動をくり返し、滝つぼが後退し形成された自然の芸術であります

054.jpg

瀞峡といえば、「瀞ホテル」は外せません。

昨年の夏の終わりに、おじゃまして以来、久しぶりの再会です。

先代が亡くなられてから、旅館を閉めていたのですが、4代目の若夫婦がカフェとして再開、注目すべきカフェなのです

056.jpg

何といっても、窓から眺める瀞峡が、絶景なのです。
私は、奈良で一番の眺望のよい絶景カフェだと思っております

057.jpg

新しく、雑貨コーナーがオープンしていました。

三県(奈良・三重・和歌山)の三者による新たな試み、コンセプトショップです。可愛くて、おしゃれな雑貨たち、見ているだけでも楽しいです

063.jpg

この日は、メニューの入れ替え時期でもあり、特製ハヤシライスセット
冷たいコーンスープ・生ハムサラダ・ドリンク付き、美味しかったです

この景色を眺めながらのランチ、これ以上の贅沢はありません。

059.jpg

壮大な断崖、季節、天気、時間によって七色に変わる水面、これから夏には、エメラルドグリーンに輝きます

特に、早朝と月夜の夜が美しいらしいです。
瀞ホテル様、ぜひ、将来のホテルの再開を楽しみにしております(ゆっくりで、いいですよ・・・

064.jpg

かなり、中身の濃い「絶景! 十津川ツアー」でした。いかがでしたでしょうか。
日帰りでも、楽しめますが、かなりの距離、出来れば、ぜひ、宿泊して、のんびり観光視することを、お奨めします

そこで、素敵な情報、「古民家びと」でもお馴染みの東洋文化研究家である、アレックス・カー氏のプロデュースによる宿泊施設、「古民家 大森の郷」がオープンしました

今回は、時間がなく、立ち寄ることが出来ませんでしたが、古民家を再生した素晴らしいお宿みたいです。
十津川は、「源泉掛け流し宣言」をしているほど、泉質の良い温泉が湧いております

美味しい山の幸、川の幸もあります。ぜひ、夏休みにでも計画して行ってみて下さいね~


別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
絶景! 十津川ツアーⅡ 玉置神社
2014-07-08 Tue 14:41
035.jpg

次に、標高1077mの玉置山に鎮座する「玉置神社」に行きました。
パワースポットと言う話を聞いて、お参りしたかった神社です

1000m級の山の上まで、車で行くことができるとは、何ともありがたいこと、駐車場からの絶景が眺められ、運がよければ雲海も見られるそうです

040.jpg

やはり、噂どおりのパワースポット、鳥居をくぐったとたん、空気が変わりました。
世界遺産 「大峯奥駈道」は吉野から熊野本宮大社までの大峰山系を通る行者さんの道、神々の通り道です

037.jpg

社まで、参道を歩いて、15分ほど、立派な杉林、草花、鳥の声、清々しい風、とても、気持ちよかったです

ここには、とても珍しい枕状溶岩(この岩のパワーも凄い)があり、深い海の底から噴き出した玄武岩質のマグマが固まったもので、紀伊半島、日本列島の成り立ちを示す貴重な証拠だそうです

この地球の営みを考えるだけで、この地の神域を感じずに入られません。

047.jpg

神武天皇が、この地で兵を休め、「十種の神玉」を置き、身の安全を祈願したことから、「玉置」という地名が付いたそうです。

それにしても、こんな山の上に、立派な社を建てた先人たちの偉業に感心するばかりです。

山を巡っていた行者が見つけた気のある場所を神聖な場所と祀り、その後、神社を建て祈りの場として、守り続けた人たちの歴史を思うと、感謝でいっぱいになりました

044.jpg

樹齢3000年の「神代杉」にも会えました圧倒的な存在感・・・

「熊野三山の奥の院」と言われている玉置神社、格別なパワーを頂き、本当に来れてよかった。ありがとうございます

042.jpg

豊かな海に囲まれた島国、四季があり、素晴らしい自然があり、日本に生まれて本当によかったと思います。

そう感じさせてくれた今回の「絶景! 十津川ツアー」、最終回もお楽しみに


別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
絶景! 十津川ツアー
2014-07-07 Mon 12:11
001_20140707095036d4b.jpg

ずっーと、行きたかった十津川村に「お写ん歩」のK様が、終に連れて行ってくれました

題して、「絶景! 十津川ツアー」 朝4時30分に家を出発、美しい景色を眺めながら、3時間弱で到着。
日本一 大きい村、十津川村は大自然に囲まれていました

008.jpg

まずは、やはり、「谷瀬の吊り橋」 長っーい、高っーい、空中散歩の絶景です

私は、阪神大震災から、トラウマで、橋は絶対、安心ではないという恐怖(ゆらゆら、揺れているし)から、橋は苦手・・・渡りきることは出来ませんでした

村の人にとっては、生活のための大切な橋、この時も、おばあちゃんが、電動シニアカーに乗って、悠々と橋を渡っていましたよ

011_201407070950395ae.jpg

次に向かったのは、十津川の景色と言えば有名な「果無(はてなし)集落」です

道の世界遺産に認定された熊野参詣道 「小辺路」が民家の間を通っている果無集落、まさに絶景でございます

016.jpg

熊野参詣道 小辺路は、総本山高野山から熊野本宮大社までの全長72km、標高1000m級の山々を通る、聖なる祈りの道です

歴史を感じる石畳、昔の人たちが、この道を通ってお参りしていたのかと考えるとロマンが広がります

019.jpg

この山の上の厳しい自然環境の中、ひっそりと、でも、力強く、脈々と受け続けられた村の人の生活。

田んぼの向こうに広がる山々、自然とともに暮らす人たちの悠久の世界が広がっていました

028.jpg

ここに住むおばあちゃんが 「この紫陽花は、若いときに植えたん。でも、今は、もう歳で何にも出来へん。」と言っていましたが、枯れた葉っぱを取ったりと動いてはりました

果無集落には、あちこちに花が植えられて、とても、美しいのです。
私も山で暮らすようになって分かりましたが、こんなに綺麗に手入れするのは、大変な作業です

村の人の美意識に、またまた、感動~

018.jpg

美しい日本の風景、奈良の魅力、奥深さを実感する絶景ツアーは、まだまだ続きます。お楽しみに


別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
キャンプの季節だ!
2014-07-03 Thu 15:31
001_20140703143746d08.jpg

先週末、ハーレーダビットソンのお仲間のプライベートキャンプ 「大和魂WORLD HEART」が、月うさぎで開催されました

001.jpg

ピンストライプのお店 「PINSTRIPE SHO」の出店もありました

ピンストライプとは、ピンのように極細の縞を並べた柄のことで、フリーハンドで思い思いの図柄をデコレートしていくアートです

003.jpg

フリーハンドで描く、達人の技を目の前で見させてもらい感動素敵~

香芝で教室も開いているみたいですよ。興味津々・・・

006.jpg

そして、特設ステージで、キャンプさん、ベンさんのライブもありました

途中から、雨が降ってきて、急きょ、店内で再開、大いに盛り上がりました

007.jpg

雨が小降りになったので、月うさぎのキャンプ名物、キャンプファイヤーだ

小学校以来だと喜んでくれた皆様、またまた、大盛り上がり~

011.jpg

キャンプの達人の皆様が、手際よく、豪快に、それぞれの自慢の腕を振るってくれ、美味しいお裾分けも頂きました

楽しい仲間が集まり、美味しいお酒、食べ物、おしゃべりと、これぞ、キャンプの醍醐味だ~

そして、楽しい宴は、夜な夜な続いていきました・・・

004.jpg

キャンプに参加して下さった皆様、本当にありがとうございました

この新たな出会い、ご縁を大切に、これからも、末永く、よろしくお願いします。また、遊びに来て下さいね~


別窓 | 楽しいイベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 月の日記 「月うさぎ」 |