のんびり、まったり田舎暮らし
誇り高き猫 「春日局」
2015-05-25 Mon 14:47
001_20150525135856232.jpg

鼻風船を膨らます、鼻たれ猫、春日が今朝、天国に召されました享年6歳2ヶ月でした。

生まれつき、気管が弱く、ずっと鼻づまりの毎日でした。(特に冬は辛そうでした
いつも、お客様に鼻出てるよと心配してもらっていました。

亡き、もも太郎店長と月の間に生まれた、月うさぎの初出産で生まれた春日(お兄ちゃんの桜之助は先に旅立ちましたが・・・)

001_20150525135902c84.jpg

体が弱かったため、ガリガリで体は小さかったのですが、食い意地は一番張っており、どんな大きな犬でも怖がらない肝っ玉の大きな春日でしたイビキも大きかった・・・

s-DSC_7349_2015052513585701c.jpg

心臓が弱いため、避妊手術も出来なかったのですが、奇跡的にも若様との間に赤ちゃんができ、小さな母が、立派に梅太郎を育て上げたのでした

こんなに大きくなっても、お乳を吸っていた梅太郎。

DSC_7875.jpg

体温が低く、寒がりで、冬になると寝ている私の首周りに乗り、襟巻き代わりになっていた春日。

春日との思い出が走馬灯のように蘇ってきます。

DSC_7432.jpg

何で度も何度も、瀕死の状態になり、動物病院の先生に長くは生きられないと言われていたのですが、強靭な生命力で今まで生きてきました。

いつも、生きる強い力を、教えてくれた春日。
最期の最期まで、生きることを諦めず、頑張った春日。

お別れは、とても悲しいけど、天国でお父ちゃん、もも太郎と愛息子、梅太郎とお兄ちゃん、桜之助と仲良く、ママを待っていてね

ありがとう。愛しているよ。さようなら、春日・・・


別窓 | 家の住人 | コメント:2 | トラックバック:0
<<葛城 當麻寺 | 月の日記 「月うさぎ」 | 石窯ピザ手作り体験!>>
この記事のコメント
春日も旅立ってしまったのですね。。
すり寄ってきたりキャリーバックで爪研ぎしたり…
寝てる顔の上に半分乗っかって寝られた時は暖かかった…
けど少しだけ苦しかった…

そんな小さな春日が偉大な母になった姿を直に見られなかったのが残念です。
お空の上で我が子と久々の再会をしてる頃でしょうか。
ご冥福をお祈りします。。
2015-05-27 Wed 00:03 | URL | はなくろ #-[ 内容変更]
はなくろちゃーん・・・
ありがとう。ほんとに、もも太郎、梅太郎に続いて、春日まで逝ってしまうなんて・・・

これで、もも太郎の血が絶えてしまい、うさこは、かなりのショックを受けております(もも太郎を思いすぎたのがいけなかったのでしょうか・・・)

弱い体で、たくましく、力強く生き抜いた春日。
いつも、パワーをもらっていました。(寝る時の息苦しさがなくなって、寂しさを感じています・・・)

最期は私の腕の中で天国に旅立ったのが、せめてのもの慰めです。

天国で父ちゃん、兄ちゃん、息子と元気に再会しているのを見てみたい・・・

早く逢いたいな。それまで、頑張って生きていこう!



2015-05-28 Thu 19:57 | URL | 月うさこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月の日記 「月うさぎ」 |