のんびり、まったり田舎暮らし
葛城 當麻寺
2015-05-29 Fri 12:39
P5280813.jpg

最近、番頭さんが古民家のリフォームやNPOの仕事で忙しくて、何処にも出掛けていなっかのですが、お写ん歩のK様が、ずっと行きたかった葛城の當麻寺に連れて行ってくれました

P5280864.jpg

中将姫伝説でで有名な當麻寺は、二上山の麓、古民家の立ち並ぶ趣ある参道を歩いて行くとあります

藤原豊成の娘で、美しく賢い姫は、継母に妬まれて命まで狙われます。
仏心の篤い中将姫は、當麻寺に入った後、神仏の導きで一夜にして「當麻曼荼羅」を織り上げたといいます。

二上山の2つの頂きの間に夕日が落ちていく時、古代大和の人々は、人生の終わり、あの世と重ねてきました。
そこに建てられた當麻寺は、極楽浄土の入り口として、人々の拠り所となってきました

P5280811.jpg

そんな山深い當麻寺は、関西花の寺としても知られており、シャクナゲや牡丹など四季折々の花が楽しめます

P5280817.jpg

この日は、暑いぐらいの快晴で、美しい木々の緑、しっとりした苔の緑、そこに色とりどりの花達が目を楽しませてくれました

池には、涼しげに大好きな睡蓮の花が咲き始めていました。これからは蓮の花も・・・

P5280828.jpg

紫陽花も、これからが見頃に。

中之坊では、写仏・写経体験もできるそうです。(一度、やってみたい・・・)

P5280843.jpg

山の斜面に建つ古代の三重塔の東棟・西棟、両塔がどちらも残っているのは全国で當麻寺のみで、この棟を見下ろす景色は絶景でございました

P5280846.jpg

西南院の庭園は池泉回遊式庭園で、大きな池を中心にした庭を歩きながら鑑賞出来ます。どこから見ても美しい~

水琴窟や飛び石、灯籠、石橋、そして手入れされた樹木、花、苔、植え込み、そこには美しい日本の美がありました

P5280852.jpg

そしてなんと、西南院では、書院から庭園を眺めながら、お抹茶が頂けるのです

P5280858.jpg

なんという贅沢なひとときでしょう~ 信じられないことに貸し切り日本庭園京都の庭園では考えられないことです。

美しいものが好物の私は、久しぶりの感動の連続で大満足しました

もちろん、當麻の里、名物のヨモギの香るやさしい中將餅もゲット

P5280865.jpg

お昼には明日香のひょうひょうさんと合流し、地元民が知る橿原の新ノ口にある「我留慕・がるぼ」に連れて行ってもらいました

BGMには、ジャズが流れる大人のための喫茶店、日替わりの「昼膳ランチ」は、小鉢5品、ご飯、味噌汁、デザート付きで、1200円、ボリューム満点でお腹いっぱいで美味しいコーヒーが頂けなかった・・・

P5280806.jpg

美しい奈良の桃源郷・當麻寺を満喫し、美味しいものを頂き、ますます奈良の魅力にはまった一日となりました

春日のことで落ち込んでいた私を、連れ出してくれたK様、ほんとうにありがとうございました


別窓 | お出かけ | コメント:2 | トラックバック:0
<<梅雨入り | 月の日記 「月うさぎ」 | 誇り高き猫 「春日局」>>
この記事のコメント
當麻に30年近く住んで居ました。懐かしいです。
平成10年10月31日當麻寺で「平成當麻曼荼羅」というコンサートというより神事を開催させて頂きました。私がこちらの世界に入る大きなきっかけであり、お試しだったような気がします。全てを投げ出した結果、今の自分があります。ずっと大変な人生ですが、有難いといつも感謝して居ます。
2015-06-02 Tue 09:51 | URL | 吉野です #-[ 内容変更]
吉野さーん!
當麻に30年も住んでいたのですか。良い所ですね。

大和盆地に暮らす人々にとって、東にある神の山である三輪山から日が昇り、その真西にある二上山は日の沈む聖地。

羨ましい限りです。これからも、平和な世界のため、人々のために、よろしくお願いします。
2015-06-04 Thu 13:34 | URL | 月うさこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月の日記 「月うさぎ」 |