のんびり、まったり田舎暮らし
納骨と散骨
2015-12-21 Mon 14:05
PC171752.jpg

12月に入って、オーストラリアから、姉と姪っ子が帰国したので、父と弟の納骨に、天王寺の一心寺に行ってきました。

ちょうど、百ヶ日となるこの日は、寒かったのですが、良いお天気に恵まれました。

PC171751.jpg

一心寺では、納骨された遺骨を10年分をひとまとめにし、遺骨で阿弥陀如来像を作り、納骨堂にお骨佛様としてお祀りしています。

御骨が手元になくなり、本当にお別れが来たのだと感じずにはいられませんでした。

PC121696.jpg

納骨の前に、みんなで計画していた、山登りが大好きだった父のために、六甲山に散骨に行ってきました。

その時、父が六甲山で知り合った山友達のお仲間さんが御一緒してくださるという嬉しい知らせがありました。

PC121697.jpg

前の日まで雨だったのに、この日は、絶好の山登り日より、まだ、山々には紅葉が残り、とっても美しかったです。

毎週のように登っていた六甲山に登れなくなった時は、どれだけ辛かっただろうと思います。
でも、きっと、今は、自由に六甲山で、みんなと一緒に登っているのではないかとと思っています。

PC121694.jpg

素晴らしい山仲間の皆様に、亡き父の思い出を、いろいろ話していただきました。

口数の少ない父でしたが、家族の知らない一面や、友達に語っていた家族のこと、思いなどを聞くことができ、感激でいっぱいでした。

私には、別れの言葉もなく逝ってしまった父。
そのことだけが、心に引っかかっていたのですが、皆さんの言葉が、父からのメッセージだったのだと涙が出ました。

DSC_0098.jpg

これで、本当に、やっと心の区切りがついたような気がします。
暫くは、静かに穏やかに、時を過ごしたいと思っています。


別窓 | 最新ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<町屋盆栽Cafe コトノハ | 月の日記 「月うさぎ」 | 冬季休業させていただきます。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月の日記 「月うさぎ」 |