秘密の花園
2016-06-02 Thu 13:04
P6012346.jpg

緑の色が、どんどん濃くなってきました

あっという間に6月になり、梅雨入りも、もうそろそろでしょうか

月うさぎの周りの山では、可憐な白い花の「空木・うつぎ」が一面に咲き誇っています

名前の由来は枝の芯が空洞なので「空ろな木=空木」や、旧暦の4月(卯月)頃に花を咲かせるので「卯木」となったとされているみたいです。

別名「卯の花」と言われ、私の大好きなおからを卯の花と呼ぶのも、ウツギ(おからの「から」と「空っぽ」、どちらも同じ「白い」)からきているそうです

P6012358.jpg

森の中では、静御前とその亡霊の舞い姿から名の由来があるという「二人静」が、ひっそりと凛とした姿で咲いています

P6012380.jpg

梅の実のシーズンですが、今年は家のスモモの実が、久しぶりに豊作みたいです(楽しみ。。。)

P6012351.jpg

そして、爽やかな風に乗って、スイカズラの花の甘い香りがすると、何とも幸せな気持ちになります

P6012352.jpg

香りといえば、これから山で咲く「コアジサイ」

昨年同様、暖かい日が続いたので、早く咲き始めそうです

P6012354.jpg

ここ2,3日で花が色づき始めました。これは、谷尻に咲くコアジサイです

P6012374.jpg

東吉野村と川上村の境にある足ノ郷峠に群生しているコアジサイの秘密の花園

昨年は、雑誌でも取り上げられ、密かに有名になってきました

嬉しいような、多くの人が来るとちょっと心配という複雑な思いですが、自然を愛する多くの人に見てもらいたいです

P6251014_20160602113504a5b.jpg

そして、この季節のもう一つのお楽しみ、蛍です

やはり、こちらも今年は早く、大宇陀や菟田野では5月末ごろから飛び始めたみたいです

梅雨の季節の密かなお楽しみを、よかったら、見にきて下さいね~~


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人文系私設図書館 Lucha Libro | 月の日記 「月うさぎ」 | 萌え立つ若葉>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |