東吉野村小水力利用推進協議会
2017-07-09 Sun 11:15
DSC_0301.jpg

先日、東吉野村小水力利用推進協議会の竣工報告会に参加させて頂きました

小水力発電とは、小さな川の流れや落差を利用して発電する、ダムを作るより自然にやさしい発電システムです

小水力

東吉野村では、地域に電力を供給するために大正時代より水力発電事業が行われていました。

大正元年、当時の地元有力者である船津弥八郎によって「吉野水力電気株式会社」が設立され、大正3年より「つくばね発電所」が稼働していました。

つくばね発電所の電力により、山村に電灯が灯り、製材業が盛んな地域として発展していったそうです

その後、関西配電から関西電力に移行し、つくばね発電所は昭和38年に閉鎖となりました

DSC_0303.jpg

そして、住民の手による101年ぶりの水力発電所の復活です

日裏川の上流1.4キロメートルの地点から水を取り込みます

DSC_0305.jpg

導水路、ヘッドタンクを経て有効落差約105メートルの水流を利用して発電します

平成25 年8 月「東吉野村小水力利用推進協議会」を設立し、竣工の日を迎えるまで、様々なご苦労が沢山あったことを教えていただきました

DSC_0309.jpg

発電能力は82kWですが、ただ発電目的のプロジェクトではなく、過疎化問題を向かえている東吉野村が小水力発電を通して、村がいきいきと笑顔あふれる村になるようにと思いが込められています

DSC_0255.jpg

東吉野村の丹生川上神社は、水の神様 雨師明神として信仰されています。全国各地より水に携わる水利業者を始め、水道や電力関係などの多くの事業者が参拝に訪れます

この素晴らしい取り組みを、ぜひご支援くださいませ~


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<流星群とキャンプファイヤーの夜★ | 月の日記 「月うさぎ」 | ヤマアジサイ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |