蘇の醍醐味
2009-02-04 Wed 10:54
20090204105417


昨日、素敵なお客様が、お食事に来てくださいました。
いろいろ、お話していると、いろんなご縁がある方で、
とても、楽しい時間を過ごす事が、できました

そして、たまたま、お友達に、差し上げる為、持参していた、
「蘇」を私達に、味見させて下さいました

昔、テレビで見たことがある古代の食べ物・チーズ「蘇」です。
それを、お家で、作ってみたそうです。牛乳を、お鍋で、
コトコト、水分を蒸発させ、煮詰めていくそうです

7~8時間ほど、すると、だんだん固まってきて、それを冷やし固めたのが「蘇」です。
とても、、手間がかかる、貴重な食べ物です。
その味は、何ともいえない牛乳の自然の甘味が、凝縮され、
チーズというよりは、しっとりとした牛乳の素朴なお菓子のようです

いろいろ歴史を聞いてみると、7世紀ごろ、万葉の時代、
飛鳥が日本の首都だった頃、アジア大陸から、酪農が伝わり、
牛乳から、ヨーグルト状の「酪」 それから、「生蘇」 「熟蘇」 
そして最高の熟成品を 「醍醐」 と言うのだそうです

「蘇」は、最高級品であり、位の高い貴族たちが、栄養価が高い
サプリメントとして、食していたそうです

奈良の歴史に、感動です。
今度、一度、「蘇」作りに、チャレンジしてみたいと思います。
そして、古代の人々に想いを馳せながら食べたいなあ・・・




別窓 | 美味しい食事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<チロのおしゃれ | 月の日記 「月うさぎ」 | 節分の豆まき>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-05 Thu 23:39 | | #[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |