2010-01-06 Wed 12:33
1262748795-2010010612190000.jpg


お正月、川島さんとはまちゃんが、遊びに来てくれた時、
薪作りを手伝ってくれて、たくさんできました

が、この寒さで、一日中、薪ストーブを点けていると、
みるみるうちに、薪が無くなっていきます

昔話で、おじいさんは、山に柴刈りにとありますが、
今考えると、大切な仕事だったんだなと思います

今は、スイッチひとつで、お風呂にも入れ、ご飯も食べれます。
昔の生活は、薪がなければ、炊事もお風呂も暖房も出来ません

自然の恩恵を受け、生活していたので、感謝の気持ちが大きかったのだと思います。
便利な生活になって、どんどん自然のありがたさを感じなくなってきたのだと思います


別窓 | 木の温もり | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<犬猫のえさの買出し | 月の日記 「月うさぎ」 | 火鉢でほっこり>>
No title
うさこさ~ん、薪集め大変ですよね。
私もよ~く分かります。
私なんて薪に関しては体力よりも懐を痛める感じです。
さぁ、明日は鏡開き、本格的に一年が始まりますね。

うさこさんの初夢何でしたか?
私はラッキーなことに陶器とカメラでした。
2010-01-10 Sun 21:08 | URL | kayoko #-[ 内容変更] | top↑
kayokoさーん!
薪は、貴重な資源ですね。

杉・ひのきなら、たくさんありますので、
杉ひのきで、陶器が焼ければいいのになあ。

初夢が、陶器とカメラなんて最高ですね。
私は、やはり、鹿でした。家の犬達が鹿を追いかけている・・・

今年は、鹿カレー、頑張りまーす。
2010-01-12 Tue 15:08 | URL | 月うさこ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |