のんびり、まったり田舎暮らし
尊敬する画伯

2010-10-26 Tue 11:45
s-DSC_2584.jpg

10月9日~24日まで、堺市立東文化会館文化ホールで、開催されていた、「坂本和之 作品展」に、行ってきました。
坂本画伯との出会いは、4年前、東吉野村で空き家を、探して、車で走っていた時、
たまたま、画伯の家の隣に空き家があり、尋ね、お話を聞いたとき、
初対面にも拘わらず、アトリエを拝見させて下さってからの不思議な御縁です

s-DSC_2571.jpg

坂本家は、息子さんの山村留学が、きっかけで、東吉野村に、現在、お住まいです。
豪快で、心の大きな画伯、チャーミングで素敵な奥様、理想のご夫婦です。
いつも、私達の、突然の訪問にも、かかわらず、いつも、快く迎え入れて下さいます。恐縮です

s-DSC_2572.jpg

そして、いつも、いろいろなお話をして下さり、生き方、考え方の勉強をさせて貰っています。
私は、画伯の画が好きで、いつも、行く度に、画から、画伯のパワーを頂いているのです

s-DSC_2573.jpg

そして、終に、10年間、描き続けた絵の作品展が、堺から、始まったのだそうです。
これから、ご縁のある地で(世界を視野に)、画伯の作品が、飛び立っていきます

s-DSC_2575.jpg

東吉野村のアトリエで、観るのと、また違い、広い空間での、画伯の画は、また、迫力を増していました。
巻き物の画の長さは、100メートルもあり、それが今、3本あります。
まだ、描き足りないので、また、1本、これから、描き始めるそうです。そのパワーだけでも、凄いものです。
出来れば、100メートルの画が、並べられるような、大きな美術館で、展示して、観たいです。
きっと、夢は叶うと思います

s-DSC_2316.jpg

ももたろう 「作品展、おめでとうございました。月うさぎ一同、こらからの、益々の御活躍、陰ながら応援いたしております


別窓 | 匠の技 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<ヌーベル スエヒロ | 月の日記 「月うさぎ」 | 楽しい陶芸教室>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |