のんびり、まったり田舎暮らし
葛の花
2012-08-21 Tue 15:48
s-DSC_7054.jpg

山に自生している葛の花が、今、満開です。
ちょっと変わった形の美しい花は、とても、甘い香りがして、蜂たちを魅了しています

生命力が強く、ぐんぐん大きくなり、よく電柱などに巻き付き、厄介者とされます。
その根をすりつぶして作ったでん粉が、葛根です

s-DSC_7049.jpg

吉野に伝わる漆器に描かれている吉野絵のモチーフは、葛の花と言われています

吉野に国栖と書いて「くず」と読む地名があります。
ここは、昔、葛を食べて生きていた国栖人が住んでいたので、こう言う地名になったと言われています

吉野の葛は、古い歴史があり、今も、作り続けられる伝統食、ソウルフードなのです

s-DSC_7047.jpg

こんな話をしていると、くず餅が、食べたくなりましたので、いただきまーす

奈良にある天極堂の「ぷるとろくずもち」、とても簡単にできて、お勧めです。
できたての葛餅は、ぷるぷるで、とろ~り、
黒蜜ときな粉をかけて頂く、もちもちの葛餅は最高に美味でございます

s-DSC_7059.jpg

葛根には発汗、解熱作用があり、昔から漢方薬としても使われてきました。
1kgの葛根から採れる葛粉の量は、100gと少なく、何度も水にさらして作り上げるので、大変貴重で高価なものです

でも、体にも良く、美味しい吉野本葛。
奈良には歴史だけでなく、美味しい物もたくさんありまーす


別窓 | 東吉野村の自然 | コメント:0 | トラックバック:0
<<田舎研究会の夏合宿 | 月の日記 「月うさぎ」 | 楽しかったお盆休み>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月の日記 「月うさぎ」 |