瀞峡
2013-07-18 Thu 19:04
s-DSC_8442.jpg

和歌山県の旅、最終回です。
熊野本宮大社の参拝のあと、もう一箇所、行ってみたかった所、瀞峡です

山の谷間を流れる川が少しずつ削りだして作った渓谷、自然の芸術の瀞峡、神秘の世界です

s-DSC_8448.jpg

雨上がりだったので、更に幻想的な世界が、目の前に広がっていました

s-DSC_8445.jpg

絶景のスポット、瀞八丁、引き寄せられるように行ってみると、熊野本宮大社で見つけたチラシ、「瀞ホテル」が、そこにあるではないですか

ここは、以前、何かの本で見かけた閉店してしまった、瀞峡の絶景を眺められる幻のホテルでしたが、今年の夏、カフェとしてオープンするという情報を、ついさっき入手したところ

熊野本宮大社の御利益かと思ったのも束の間、この日は木曜日で、定休日だったのです

次回必ず、訪れることを誓い、帰路に・・・


s-DSC_8451.jpg

そして、和歌山県北山村へ、ここは、日本唯一、飛び地の村、三重県・奈良県に囲まれた、村の97%を森林が占める、人口500人程の小さな村なのですが、物凄く元気な村でした

この村にだけ自生していた、紀州のへんなみかん「じゃばら」、ユズやスダチとは違った独特の風味があり、まろやかな苦味と酸味が特徴で、「邪気を払う」ところから名前がつけられ、村の特産品として大切に育てられています。じゃばらドリンク、美味しかったです。花粉症に効くそうですよ

かつて木材を輸送するために活躍していた筏が、「観光筏下り」があったり、宿泊施設もある、2011年にリニューアルオープンした「おくとろ温泉」、ここは、最高に良い温泉でした

アルカリ性単純硫黄温泉、源泉掛け流しで、お肌つるつる、石造りの露天風呂からは渓谷美が眺められ、じゃばら湯もあり、なんと飲用できる温泉までありました

それがこの日、通常入浴料、600円のところ、村初のコンビニオープン記念で半額の300円に、なんと、こんなところにも、熊野本宮大社の御利益が、ありがたや

s-DSC_8453.jpg

夢のような和歌山の旅、たくさん、たくさん収穫があり、美しい日本の再発見もあり、大満足の旅行となりました


別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<お写ん歩展 | 月の日記 「月うさぎ」 | 熊野本宮大社>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |