HANARAT2013 宇陀松山 Part2
2013-10-25 Fri 12:29
s-DSC_8606.jpg

10月20日~27日まで開催中のHANARAT2013 宇陀松山の第2弾です

宮廷の薬狩りの地として日本書紀に登場する宇陀、京都、奈良、和歌山をつなぐ交通の要所だった「宇陀松山」は、城下町から商家町へと栄えた町並みは、とても情緒があります

s-DSC_8594.jpg

その町家での芸術祭です。
地元の作家さん 「陶工房 釉」の陶の灯りは幻想的で美しいです

s-DSC_8595.jpg

もう一軒の陶工房 「宝泉窯」には、自然の草花が絵付けされた食器や、アクセサリーやボタンなど、女子に人気の陶器屋さんです

s-DSC_8598.jpg

現代アートを眺めながら、ちょっと一息

巷で噂の「CAFE NEKKO」が特別出店中、美味しいオーガニックコーヒーはいかがですか

s-DSC_8599.jpg

この日のスペシャルメニュー
地栗のホッとマロンソイミルクとミニベジダブルバーガー(きのこパテ、雑穀クリーム、人参サラダ、、ローストポテト)を頂きました。とってーも美味しかったです。武蔵シェフ最高~

s-DSC_8603.jpg

この旧森田家住宅は、江戸時代末期に建てられ薬屋さんだったのですが、きれいに修復し、この秋から地域コミュニティの施設として利用されるそうです

やはり、日本の文化である古い町家でのアートの展示は、作品と空間の相乗効果で、さらに魅力的な世界が広がります

s-DSC_8605.jpg

昭和初期に建てられた旧石井家住宅では、宮崎県から招待した彫刻家 鬼塚 良昭さんが滞在しながら作品を制作していました。

御年78歳の鬼塚さんは、気さくに、これまでの人生や人生観、思いなど、いろいろと話して下さり、鬼塚さんのパワフルな人柄に感銘し、パワーをいっぱい頂きました

s-DSC_8608.jpg

どこを見ても、絵になる町並みでの芸術祭、これからも、どんどん大きな輪が広がり、素敵なイベントに成長していくことを楽しみにしています

奈良・町家の芸術祭、ぜひ、観に行って見てくださーい


別窓 | 楽しいイベント | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<テクス メクス料理 El Cafe | 月の日記 「月うさぎ」 | HNARART2013 宇陀松山>>
この記事のコメント
昨日は森の月人の話を聞かせていただきありがとうございました。スタッフとして参加して将来田舎での暮らしが出来るチャンスを頂いたのでやる気でてきました。16日のならNPOフォーラム楽しみにしています。
2013-10-31 Thu 08:51 | URL | 岡本です。 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
岡本さーん!
こちらこそありがとうございました。
スタッフとして参加して頂けると、言ってもらい嬉しかったです。是非よろしくお願いします。

素晴らしい田舎暮らし、可能性は無限大です。夢が広がります。一緒に頑張りましょう~

では、16日に・・・
2013-10-31 Thu 13:59 | URL | 月うさこ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月の日記 「月うさぎ」 |