絶景! 十津川ツアー
2014-07-07 Mon 12:11
001_20140707095036d4b.jpg

ずっーと、行きたかった十津川村に「お写ん歩」のK様が、終に連れて行ってくれました

題して、「絶景! 十津川ツアー」 朝4時30分に家を出発、美しい景色を眺めながら、3時間弱で到着。
日本一 大きい村、十津川村は大自然に囲まれていました

008.jpg

まずは、やはり、「谷瀬の吊り橋」 長っーい、高っーい、空中散歩の絶景です

私は、阪神大震災から、トラウマで、橋は絶対、安心ではないという恐怖(ゆらゆら、揺れているし)から、橋は苦手・・・渡りきることは出来ませんでした

村の人にとっては、生活のための大切な橋、この時も、おばあちゃんが、電動シニアカーに乗って、悠々と橋を渡っていましたよ

011_201407070950395ae.jpg

次に向かったのは、十津川の景色と言えば有名な「果無(はてなし)集落」です

道の世界遺産に認定された熊野参詣道 「小辺路」が民家の間を通っている果無集落、まさに絶景でございます

016.jpg

熊野参詣道 小辺路は、総本山高野山から熊野本宮大社までの全長72km、標高1000m級の山々を通る、聖なる祈りの道です

歴史を感じる石畳、昔の人たちが、この道を通ってお参りしていたのかと考えるとロマンが広がります

019.jpg

この山の上の厳しい自然環境の中、ひっそりと、でも、力強く、脈々と受け続けられた村の人の生活。

田んぼの向こうに広がる山々、自然とともに暮らす人たちの悠久の世界が広がっていました

028.jpg

ここに住むおばあちゃんが 「この紫陽花は、若いときに植えたん。でも、今は、もう歳で何にも出来へん。」と言っていましたが、枯れた葉っぱを取ったりと動いてはりました

果無集落には、あちこちに花が植えられて、とても、美しいのです。
私も山で暮らすようになって分かりましたが、こんなに綺麗に手入れするのは、大変な作業です

村の人の美意識に、またまた、感動~

018.jpg

美しい日本の風景、奈良の魅力、奥深さを実感する絶景ツアーは、まだまだ続きます。お楽しみに


別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<絶景! 十津川ツアーⅡ 玉置神社 | 月の日記 「月うさぎ」 | キャンプの季節だ!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |