さようなら、ももたろう店長・・・
2014-11-26 Wed 16:53
s-DSC_7422.jpg

突然の悲劇、悲しい別れが、やってきました。

金曜日の夕方、いつものように犬の散歩をしていたところ、ももたろうも道端を散歩していました。
それをを見つけた犬たちに追いかけられ、木に登ろうとしたら、それが電柱でした。

ももたろうを追いかけ、私も一緒に谷底へ、必死にももたろうを助けようと、犬たちと格闘しました。

へとへとになり、修羅場を潜り抜け、ももたろうを抱き、家に帰りましたが、私の腕の中で、ももたろうは天国に召されていきました。

最愛のももたろうを失い、その日の晩は眠れず、涙が枯れるまで、泣き続けました。

s-DSC_7110_20141126124427f1c.jpg

ももたろうは、私にとって特別な猫でした。

流産して子供の出来なかった私に、兵庫県篠山から奈良に引っ越す事が決まり、動物が飼えることになり、その時、、出会った迷い仔猫が、ももたろうでした。

ミルクをやり、自分の子供のように猫可愛がりして育てた、ももたろう。

甘えん坊で、おっぱいを恋しがり、私の耳たぶを吸っていた、ももたろう。

s-DSC_6793_20141126124423435.jpg

とっても、とっても、やさしい子で、どの猫に対しても毛づくろいをしていた、ももたろう。

喧嘩が弱くて、いつも、野良猫にやられ、血だらけ、傷だらけで帰ってきた、ももたろう。

s-DSC_8174_20141126124428f10.jpg

月うさぎの店長として、立派に接客をし、人懐こかった、ももたろう。

いつも、みんなの安全を考え、家の周りをパトロールしていた、ももたろう。

カメラに撮られるのも好きで、いつもじっとして、男前のポーズをとっていた、ももたろう。

s-DSC_8615.jpg

帰ってきたら、いつも一番にお迎えに来てくれた、ももたろう。

だっこジャンプの芸を、披露していた、ももたろう。

鼻キッスを、いつもしてくれた、ももたろう。

自分は猫だとは思っておらず、言葉を理解し、おしゃべりしていた、ももたろう。

s-DSC_6848_201411261244255e1.jpg

享年8歳3ヶ月、月うさぎと共に成長してきた、ももたろう。

いっぱい、いっぱい、幸せを私たちに、運んできてくれました。

いつかは、お別れする日が来る事は判っていたけど、もっともっと長生きして欲しかった思いが強く、今は、まだ、涙涙の毎日です。

ぽっかり空いた心の穴、暫く埋めるのに時間がかかりそうです・・・

DSC_8843.jpg

守ってやることが出来なかったママを許してね。ごめんね。
お月様で、ママが来るまで、もうちょっと待っていてね・・・

今まで、ももたろうを可愛がって頂いた皆様、本当にありがとうございました

ありがとう、ももたろう。

さようなら、ももたろう・・・


別窓 | 家の住人 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<縄文★忘年会 | 月の日記 「月うさぎ」 | 神様からの贈り物>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-26 Wed 23:35 | | #[ 内容変更] | top↑
はなくろちゃん。
ももたろうの為に涙を流してくれて、ありがとう。

うさこは、あまりにも、泣き過ぎて肩こり、頭痛で、ちょっとダウン気味です。

あまりにも、突然で衝撃的な別れだったので、自問自答の毎日です。ただ、今年が私の大殺界、最後の年だったので、最後にももたろうが私の厄を持っていってくれたのだと思い、本当に親孝行な息子だったと・・・涙

月うさぎで、みんなに可愛がってもらい幸せだったと、感謝感謝です。

お月様で、大好きな菊千代との再会、チロ、そして、はなくろ師匠と会い、のんびり見守ってくれていると信じています。
2014-11-27 Thu 12:03 | URL | 月うさこ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月の日記 「月うさぎ」 |