FC2ブログ
うだアニマルパークにキリンが出現?
2012-06-21 Thu 13:25
s-DSC_6685.jpg

大宇陀にあるうだアニマルパークは、週末になると、多くの家族連れで、いつも賑わっていますが、そのそばに、新しい村作りを手伝ってくれている岸本さんの別宅があります

s-DSC_6686.jpg

近くにお家があるのですが、ここは岸本さんの男の隠れ家で、岸本さんが、こつこつと作り上げたお城なのです

風情のある建物には、温泉旅館みたいな立派な岩の露天風呂、バーベQコーナー、岩のお手洗い、日本庭園、くつろぎスペース、木工作業場などがあり、この動物達も手作りです(もう、趣味の域を超えています)

s-DSC_6687.jpg

毎回、行く度に、動物達が増えています。大きなキリンも立派です

s-DSC_6688.jpg

こんな可愛いパンダの親子もいます

s-DSC_6690.jpg

動物達の表情は、岸本さんの人柄が出ていて、とても優しいお顔をしています。

岸本さんが在宅の時は、気軽に邸宅内を案内してくれるので、ぜひ、覗いてみて下さいね


別窓 | 楽しい仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
若きアーティスト
2012-04-03 Tue 13:05
s-DSC_6531.jpg

3月10日~25日まで、京都の河原町三条にあるART ZONEで開催されていた「ひみつ 井階麻未個展」に行ってきました

神戸から、月うさぎに何度も遊びに来てくれていた麻未ちゃんに、久しぶりに会えるのを楽しみに、そして、初めて麻未ちゃんの描いた作品を観に行くことが出来ました

s-DSC_6528.jpg

大きな絵を描くと、前から聞いていたけど、ビックリの感動でした。
あの小さな体で、こんな大きな絵を描くパワーには、本当に心打たれました

個展期間中、公開制作もしていて、あの可愛い笑顔で迎えてくれました。
絵からは、いろんなメッセージが伝わってきて、力強いパワーの中でも、麻未ちゃんの女らしい色使いが魅力的で素敵でした

s-DSC_6554.jpg

素直な気持ちを表現して、頑張っている若きアーティストたち、月うさぎは、そんな彼らを、陰ながら応援しています

麻未ちゃん、また、月うさぎに癒されに遊びに来てね~


<<お知らせ>>

s-DSC_6551.jpg

大宇陀の「アナンダ」は、オーナーの産休・育休のため、4月から、暫らくお休みしています

暫らく食べれないので、最後に聖子ちゃんのモンブランを食べようと買いに行きました。
妊娠9ヶ月まで、頑張った聖子ちゃん、静脈瘤にも負けず、あっぱれの職人魂です

とっても、とっても、美味しかったです。元気な赤ちゃん、楽しみにしていますよ。
暫らくは、ゆっくり休んでね~


別窓 | 楽しい仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
栗名月キャンプ
2011-10-12 Wed 19:59
s-DSC_5559.jpg

恒例になってきた、cancanさんの、サイクリスト仲間による秋季キャンプが、この前の連休の間に、開催されました

今回は、なんと二連泊の予定で行われ、連泊する人、一泊の人などなど、とても多人数の参加がありました

s-DSC_5557.jpg

色とりどりのテントが、月うさぎの敷地内に張られ、とても、賑やか

今年は、夏に完成したログ小屋も、利用してもらい、キャンプ場らしくなってきました

s-DSC_5556.jpg

最高のキャンプ日和にも、恵まれ、本当に良かったです。
番頭の、新しい村に向けての話にも、力が入っていました

s-DSC_5569.jpg

もちろん、夜には、キャンプファイヤーで、盛り上がります。
夜は、かなり、冷え込んでいましたが、栗名月でもあり、とても綺麗なお月様を眺めることが出来ました

月うさぎの目指している、みんなが、わいわい集まれる場所に、また、一歩近づいたような、楽しい時間でございました

s-DSC_5572.jpg

みなさま~、来年の月桜のお花見キャンプ、楽しみにしていまーす
犬の鳴き声に、懲りずに、多くの御参加、お待ちしています

s-DSC_5637.jpg

ももたろう店長 「来年までに、何か、宴会芸を、披露したいにゃあ~


別窓 | 楽しい仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
みんなの力
2011-07-09 Sat 10:19
s-DSC_4779.jpg

この前、榛原のあかりちゃんから、メールがあり、友達の呼びかけで、夏休みの間、被災地の子供達を受け入れ、キャンプを企画するという集まりがあるというので、参加してきました。

場所は、大宇陀の報恩寺、ここの住職夫妻も、とても、素敵な方で、春には、被災地の子供達を、数名、預かったそうです。

s-DSC_4781.jpg

夕方6時からの集合で、みんなの持ち寄りで、お食事会もありました。
30名ほど集まると言うので、テーブルの上には、美味しそうなご馳走が・・・

呼びかけたのは、サダヒサ夫妻で、偶然にも、今年、皮むき間伐体験・きらめ樹で、知り合ったばかり、またまた、繋がっている縁に、感動です。

サダヒサさんの、お友達、三重の伊賀や赤目、桜井、吉野から、駆けつけた素敵な仲間たち。
私達も、ずっと、被災者のために、何かしたいと、思っていたところ、一人では、なかなか実現しないことが、多くの人たちが、集まれば、大きな力になり、夢が現実になっていきます。

そのきっかけを、作ってくれた、サダヒサ夫妻に感謝です。

s-DSC_4782.jpg

いろいろな意見が出され、問題点、実行に向けての、具体的な行動などなど、夜遅くまで、話し合いは、続きました。

みんなの思いは、ひとつ、
みんなで知恵を出し合い、みんなの協力で、実現に向けて、がんばりましょう~


別窓 | 楽しい仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
きらめ樹大和高原の会・健一自然農園
2011-05-20 Fri 17:51
s-DSC_4318.jpg

この前、マジックマレットで、偶然、見つけたパンフレット、きらめ樹大和高原の会に、大変、感銘したので、詳しい話を聞きに、行きました。

材木の間伐と言えば、プロの林業家が、チェーンソーを使う、危険を伴う仕事です。
この「皮むき間伐」は、のこぎりと竹べらだけで、誰もが出来る画期的な間伐方法です。

木の株元あたりに、のこぎりで一周切れ目を入れ、竹べらを差し入れて皮をむきあげます。
すると、木は水を吸い上げることが、出来なくなり、ゆっくり立ち枯れしていきます。

「きらめ樹」は、1~2年後、立ったまま乾燥し、間伐材として、立派な材木として、利用できるのです。
目からうろこの、間伐方法、NPO森の月人が、取り組もうとしている、森の蘇りに、新たな光が、見えてきました

その後、番頭が、去年、講習会で、知り合った健一自然農園の代表 伊川健一さんに、会いに行きました。

なんと、奇遇にも、きらめ樹のメンバーと健ちゃんは、知り合いでした(繋がっている・・・)

健ちゃんは、高校生の頃から、赤目自然農塾で、農薬や化学肥料を使わない自然農法を学び、高校卒業後、知人の紹介で、都祁の大和高原で、荒れ放題だった茶園を、10年かけて、蘇らせた。

虫も雑草も共存する楽園のような茶畑で、採れたお茶は、香り高く、最高に美味しいお茶です

s-DSC_4322.jpg

そして、お土産に、健ちゃんが作った大和茶をペットボトルに詰めたお茶を頂きました。

茶葉を通常の8倍使用した、本当のお茶の味の味を楽しめる、そして、自然農法、更には、自然そのものへの関心に繋がればと、思いのこもった商品です。ぜひ、ご賞味あれ

s-DSC_4112.jpg

番頭の話も聞いてくれ、何故か、みんな、考えていることは、同じで、これからの生き方、農業・森・自然のこと、地球のことを、真剣に思い、やりたいことは、一緒なので、お互いに、協力しあっていけたら、最高だと、意気投合いたしました

ぜひ、よろしくお願いします


別窓 | 楽しい仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 月の日記 「月うさぎ」 | NEXT