のんびり、まったり田舎暮らし
月桜、満開!

2016-04-11 Mon 20:52
P4112238.jpg

都会の桜は、ほぼ散ってしまいましたが、月うさぎの桜は、只今、満開を迎えています

P4112232.jpg

今年もまた、美しい姿を見せてくれた「月桜」、感慨無量です

P4112242.jpg

私に似たのか、桜が大好きな猫たち  桜の木でくつろいでいます

P4112240.jpg

満月 「気持ち良すぎて、寝てしまうにゃ~

P4112243.jpg

今週末、4月17日に 「祝9周年 月桜お花見の宴」を開催します

お昼ごろから、投げ銭石窯ピザ、投げ銭ライブもあります
飲み物・食べ物持ち込み自由ですので、ぜひ、月桜のお花見を楽しみに来て下さいね~




別窓 | 最新ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ぼとぼちと営業再開します。

2016-03-27 Sun 16:04
P3122074.jpg

ようやく暖かくなってきました(でも、今朝は霜が降り寒かったですが。。。

ぼちぼちと営業を再開させていただきます

水仙も、たくさん咲き始めましたが、ここ2年前頃から、夜中に水仙の花を鹿が食べてしまい、がっかりしております

鹿の食べ物がないことや、鹿の数が増えてきたことなど、問題は深刻です

P3272122.jpg

でも、もうすぐ桜の季節がやってくるので楽しみです

4月15日で、月うさぎは9周年を迎えることとなりました。
これも、皆様のおかげだと感謝しております

暖簾も、看板も(木の看板は削ると、真っさらに戻るところがいい)、お色直ししてみました

不定休なので、いろいろとご迷惑をお掛けしてしまいますが、何卒ご了承下さいませ
これからも、温かいお気持ちで見守ってやって下さいよろしくお願いいたします


別窓 | 最新ニュース | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

立春2016

2016-02-04 Thu 15:17
P1311866.jpg

東吉野村のマッターホルンこと、「高見山」です

姿が美しいのです。この時期は、高見山に登ると、霧氷が見れるということで、多くの登山客で賑わっています

一度だけ、冬に登ったことがあるのですが、その日は、吹雪で頂上に登っても絶景が見れず凍える思いをしたのを覚えています

今度登る日は、絶対、晴天の日だと思いながら、その後、寒さに勝てず登れていません。。。

P2041892.jpg

今日は、冬と春を分ける節目の日、立春ですね

まだまだ、寒いですが、庭の枝垂れ梅に、可愛らしい蕾がピンク色に膨らんでいました

P2041893.jpg

春の初日に、みんな、ちょっぴり、春を感じています

P2041899.jpg

この前、ふさふさセレブ猫、「満月」の兄妹、2匹が、一度に5匹ずつ出産して、困っているという話を聞き、会いに行ってきました

見ちゃうと、やっぱり可愛くて、1匹だけ連れて帰って来ちゃいました

おじさん「満月」と、ご挨拶~~

P2041909.jpg

臆病な性格と、生まれて3ヶ月経っているので、他の猫達に圧倒され、3日間ほど、ずっと隅っこに引きこもっていましたが、少しづつ慣れてきた様子

みゃーみゃーと、可愛い声で泣く、女の子、名前は 「三日月ちゃん・通称 みーちゃん」です

新しい家族の仲間入りです。どうぞ、よろしくお願いします

P2041895.jpg

皆様に会える春の日を楽しみに待っている猫たちです


別窓 | 最新ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

謹賀新年

2016-01-04 Mon 14:57
P1041833.jpg

新年明けましておめでとうございます

年末から、良いお天気が続き、信じられないくらい暖かいお正月でした

P1011831.jpg

とても美しい初日の出に、思わず手を合わせました

手作りの御節をいただきながら、のんびりゴロゴロ、ゆっくり寝正月を過ごさせてもらいましたありがたや~

P1041834.jpg

猫たちも、のんびり寝正月(いつものこと・・・

なっちゃん 「なんか、この門松、臭うわね~ クンクン」

P1041835.jpg

風香 「あらやだ、ほんとー。。。

P1041836.jpg

二代目もも太郎 「みなさん、そんなこと言ってずに、ちゃんとポーズ取りましょうよ はいチーズ かっこいいでしょ

きゃー、男前しびれる~~~

P1041841.jpg

いつもクールな月 「こんな賑やかな月うさぎですけど、今年もよろしくお願いします


別窓 | 最新ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

納骨と散骨

2015-12-21 Mon 14:05
PC171752.jpg

12月に入って、オーストラリアから、姉と姪っ子が帰国したので、父と弟の納骨に、天王寺の一心寺に行ってきました。

ちょうど、百ヶ日となるこの日は、寒かったのですが、良いお天気に恵まれました。

PC171751.jpg

一心寺では、納骨された遺骨を10年分をひとまとめにし、遺骨で阿弥陀如来像を作り、納骨堂にお骨佛様としてお祀りしています。

御骨が手元になくなり、本当にお別れが来たのだと感じずにはいられませんでした。

PC121696.jpg

納骨の前に、みんなで計画していた、山登りが大好きだった父のために、六甲山に散骨に行ってきました。

その時、父が六甲山で知り合った山友達のお仲間さんが御一緒してくださるという嬉しい知らせがありました。

PC121697.jpg

前の日まで雨だったのに、この日は、絶好の山登り日より、まだ、山々には紅葉が残り、とっても美しかったです。

毎週のように登っていた六甲山に登れなくなった時は、どれだけ辛かっただろうと思います。
でも、きっと、今は、自由に六甲山で、みんなと一緒に登っているのではないかとと思っています。

PC121694.jpg

素晴らしい山仲間の皆様に、亡き父の思い出を、いろいろ話していただきました。

口数の少ない父でしたが、家族の知らない一面や、友達に語っていた家族のこと、思いなどを聞くことができ、感激でいっぱいでした。

私には、別れの言葉もなく逝ってしまった父。
そのことだけが、心に引っかかっていたのですが、皆さんの言葉が、父からのメッセージだったのだと涙が出ました。

DSC_0098.jpg

これで、本当に、やっと心の区切りがついたような気がします。
暫くは、静かに穏やかに、時を過ごしたいと思っています。


別窓 | 最新ニュース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

BACK | 月の日記 「月うさぎ」 | NEXT